【GOGOEV企画アンケート結果_その4】EV・PHEVならではの楽しみ方!?

掲載日:2016年4月15日

先日行いましたクチコミ投稿数10,000件突破記念マグネットプレゼントキャンペーンですが、リーフの皆様へのプレゼントのご送付、大変お待たせいたしました。是非、ご活用ください!
さて、その際頂きましたアンケートについて、これまで3回にわけて結果をまとめてきました。

●GoGoEV関連コラム:
-【GoGoEVアンケート結果・その1】 EV・PHEVユーザーの充電待ちの許容時間は?(2016年3月14日付)
-【GoGoEVアンケート結果・その2】 EV・PHEVユーザーの充電中に取る行動とは!?(2016年3月18日付)
-【GoGoEVアンケート結果・その3】 EV・PHEVユーザーの充電認証サービスへの声 (2016年3月28日付)

前回からおよそ2週間が経ちましたが、本日のコラムでアンケート結果については最終回となります。最終回の本日は、「EV・PHEVならでは」というテーマについての皆様からのコメントを纏めてみました。
ガソリン車ではあり得ないことも含め、EV・PHEVならではの楽しみ方、苦しいところなど、良くも悪くも、実際のユーザーさんの声を聞いてもらえればと思います。もしEV・PHEVのご購入をお考えになっていらっしゃる場合には、是非、ご参考にしてもらえればと思います。

(EV・PHEVならでは1) ジェット機ばりの加速度!
EVの特徴を考える際、これを外すわけにはいきません。アクセルを踏み込めばガソリン車には比べ物にならない程の加速感を味わうことができます。テスラモーターズのモデルSは加速性を売りにしていますが、それ以外にも日産リーフや三菱i-mievなども同クラスのガソリン車よりも圧倒的な加速感で運転を楽しいものにしてくれます。一回体感すると忘れられなくなりますよ!とはいえ、加速にも限界があります。一般的に100㎞を超えるとなかなか速度が上がらなくなります。

さらに、EVにはもう一ついいことがあるようです。それは「あまり速い速度で運転することに向いていないので、安全運転を心掛けるようになり、運転マナーか良くなる。」ということです。というのは、ガソリン車の場合、高速道路などで一定速度で走行すると、一般道での運転と比べて燃費が良くなります。しかし、EVは高速運転を行うと電費が悪くなります。そのため、航続距離を稼ぐ必要のある高速道路などでの運転では、あまりスピードを出さないようになるようです。

(EV・PHEVならでは2)ドライブ中に潜む充電のチャンスをゲットせよ!
EVに乗ってて怖いと思うのは電欠です。でもそれが逆にそのスリルを楽しまれるEVユーザー様もいるようです。その際、「あーまずい電欠になる。うぉー何とかスタンドまでついた。セーフ!」っという感覚になります。車の性能を良く認識しているからこそできる事でしょうが、初めての方などには少しハードルが高いですよね。
なお、ユーザー様から頂きましたアンケートの回答としては、例えば以下のようなものがありました。

【代表的意見】
 ●敢えての峠道にEVで挑戦!上りを節約して空になるぐらいまで上り、下りで回生!
 ●富士山五合目までEVで乗っていく!もし辿り着けなくても、行けるとこまで行ってUターン。帰りは下り、回生充電しながら、麓の充電スポットまで行く!

これこそEVの性能や特徴を熟慮しているからこそできるドライブです。つまり、本当に電欠になったとしても条件が揃いさえすれば、充電しながら走行するということが可能なのがEVです!こんな事はガソリン車では考えられませんよね。

(EV・PHEVならでは3)ザ・スローライフ
充電をするのに時間がかかるので、ゆったりいろんなところを見たり、車内の電源出力を利用してアウトドアなどに活用できるというのもやはりEV・PHEVならではでしょう。

▲三菱アウトランダーPHEVの電源出力の活用例(出典:Youtube)

上の写真では例えばコーヒーメーカーを持って出かけ、外でコーヒーを飲むなどが提案されています。他に、GoGoEVのユーザー様はどのような用途で使われているのか一部をご紹介します。

【代表的意見】
 ●急速充電時、直前に100V電源で湯沸しし、インスタントコーヒーを作って飲む。
 ●夜間、普通充電器を活用しての車中泊。アイドリングが無いので、騒音の心配もなく、気兼ねなく寝られます。車中泊する際、電気を普通に使っても1日は必ず持つちます。
 ●アウトランダーでもエンジン停止のまま冷暖共空調が長時間稼動可能ですj。また100V電源が1500Wまで使用可でオール電化のキッチン設備を使用できるためアウトドアでも火を使う必要なし。
 ●積載品は冷凍冷蔵庫、電子レンジ、IHヒーター、湯沸しポット、コーヒーメーカー、オーブントースター、20インチTV、ブルーレイビデオレコーダー等選んで積んでます。
 ●キャンプでの炊飯器利用は最高です!
 ●EV・PHEVは走行音も静かなので、音楽好きな方はオーディオを良い物にするといいと思います。

このように、電化製品の利用や、それだけに留まらず、道中をのんびりと楽しみながら周遊できるようになったなどもあります。ガソリン車ではなかなか実現が難しいものもあり、とても面白いですね。

(EV・PHEVならでは4)省エネ
EVのメリットとしてランニングコストが安いこともやっぱりはずせませんね。ユーザー様からの声としても以下のようなコメントが挙げられました。

【代表的意見】
 ●市内での短距離運転が適している。
 ●通勤用として毎日同じルートを往復するための車としてはこれほど素晴らしいものはない。
 ●短距離通勤には最適だと思います。
 ●LEAF to Homeを活用して自宅の電気の有効利用に活用している。
などが挙がりました。燃費だけではなく、航続距離が短いからこその活用を行っている事もわかってきました。

(EV・PHEVならでは5)その他
最後に、上記以外の使い方などについても共有します。

【代表的意見】
 ●スケボーなど夜の公園でライトをつけてます。 エンジン音もせず、バッテリーあがりも心配なし
 ●お客さんの送迎に使うと喜ばれます。
 ●結構、酷い渋滞も気にならない。EV電力消費の対価の大半は、車両の移動によるもの。ノロノロ運転中のエアコンくらいは大したもんじゃないから。
 ●充電で、ディーラーによく行くようになったので、自分が購入した以外のディーラーの方と顔見知りになる!
 ●長時間のハリコミなど車内で過ごす時間が多い方にお勧めです。
 ●アイドリング禁止のところでもシステムONでエアコンを使って快適に人を待つことが出来ること。

最後のその他では、EV・PHEVならではの興味深い使い方、楽しみ方でしたが、本当に面白いですね。特に、「張り込み」などのお仕事の方にオススメというのも、なるほどと思いました。

以上、いかがでしょうか。ガソリン車では味わえない生活スタイルがEV・PHEVにはあるのではと思います。航続距離や充電時間などEV・PHEVならではの欠点も幾つかありますが、欠点を直しつつ、よりよいEVの利用方法を模索していきましょう!
また、ガソリン車ユーザーの皆様もレンタカー等で借りることも可能なので、試してみてください!

●参考ウェブサイト:
-【EV】レンタカーでEVを選ぶと実はお得??
-【PHEV】アウトランダーPHEVご紹介ページ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする