【EV/PHEV】電気自動車でお出かけしよう(リーフ編)

掲載日:2016年5月18日

皆さん、こんにちは。GW期間中はいかがお過ごしでしたでしょうか?電気自動車を使ってお出かした方、お出かけしたかったけれど電気自動車では電欠が心配なのでガソリン車で行ったよという方、それぞれ多いのではないでしょうか?本日のコラムでは「電気自動車を使ったお出かけを楽しむポイント」についていくつかご紹介したいと思います。

1. 立ち寄り充電中に楽しむ
「電気自動車を使ったお出かけを楽しむポイント」一つ目は、立ち寄り充電中に楽しむです。
日産リーフの場合、24kWhタイプの航続距離は228km、30kWhタイプの航続距離は280kmとなります。ですので、遠出には旅先での充電が必要になります。急速充電器の場合、およそ30分程度で約80%の充電が可能ですので、この時間をどう使うかが旅行を楽しむポイントになるかと思います。

例えば、充電場所に道の駅やSAを選べば、充電中にお土産を買ったり、ご当地グルメを楽しむことができますし、レストランやレジャー施設の充電利用でも充電時間の有効利用ができるでしょう。たとえ、その充電施設が普段はなかなか立ち寄らない施設でも、充電のために立ち寄ることで新たな発見があり、旅を楽しくする可能性があります。

GoGoEVでは、充電器のカテゴリを絞って検索ができるので、道の駅・レストランなどお好きな充電器に絞って検索してみてください。


2. 走行距離に余裕があっても敢えて立ち寄り充電は実施しておく
「電気自動車を使ったお出かけを楽しむポイント」の二つ目は、立ち寄り充電です。目的地まで充電なしで走行できる場合であっても、道の駅等にあえて立ち寄って充電しておくことも楽しい旅行のポイントになります。そのような立ち寄りは旅先での新たな発見の可能性があるだけでなく、充電後の行動範囲がグッと広がるからです。

「目的地までの旅路で、ちょっと道を外れるけど「近くに面白そうな施設発見!!」「ちょっと近くに美味しいパン屋あるみたいよ!!」とか、ガイドブックや地図を見ていると寄り道したい思うことは多々ありますよね。その時に、残航続距離を理由に寄り道を断念する、どこかの充電施設に立ち寄るのはもったいないと思います。前もって時間の有効利用をしながらの充電を行っておくと、旅先での行動範囲が広がります。
また、思わぬ渋滞等に巻き込まれても余裕のある充電計画であれば安心した運転ができるかと思います。

3. 目的地で充電できれば帰りも安心
3つ目の「電気自動車を使ったお出かけを楽しむポイント」は、目的地での充電です。目的地に充電器(特に普通充電器)の設置があれば、ゆっくりと目的地での時間を楽しみながら、帰りは満充電の状態で帰路につくことができるからです。

例えば、目的地に到着するまでに道の駅で立ち寄り充電を行ったので、目的地での残バッテリー容量が60%であったとします。この60%の状態で帰路につくのか、目的地で楽しみながら100%まで充電するのかで帰路の安心感や楽しみが拡大する可能性は全然違うと思います。もちろん急速充電器を利用して目的地で充電することも良いかと思いますが、目的地での過ごす時間が長い場合には、急速充電器で30分ほど充電(ほとんどの場合、80%までの充電)した後に、普通充電器を利用して100%まで充電するのも良いかも知れません。

特に最近ではホテルや温浴施設に普通充電器が増えており、温泉等で旅の疲れを癒しながらの充電はオススメです。目的地に充電器の設置がない場合には、ホテルや温浴施設は観光地周辺に多いので、その駐車場を貸してもらって充電し、帰りにそこでお食事して帰るなども検討してはいかがでしょうか?

4. 利用認証カードによる充電料金をどう考える?
最後の「電気自動車を使ったお出かけを楽しむポイント」は、充電料金に対する考え方です。
おそらく、日産リーフユーザーの方の多くは「日産ZESP・スタンダード会員」もしくは「ライト会員」に入られていると思います。日産ZESP・スタンダード会員の場合、NCS系の充電インフラでは急速充電器が無料、普通充電器は1.5円/分の都度料金が発生します。

そのため、充電料金の経済性を考えると急速充電器を使用したいというインセンティブが働くかと思います。しかし、立ち寄り充電等で急速充電をしておき、目的地などで普通充電を使うと、数百円以内で100%満充電となることが可能です。目的地までの距離や、目的地までの途中の充電器の設置状況数にはよるかと思いますが、急速充電と普通充電を上手く利用し、帰路の安心感をゲットするのはオススメです。


皆さん!ぜひぜひ電気自動車を使ってお出かけしませんか?
もっとこんな機能あったらお出かけしやすいのに!!等あったら共有頂きたいです。
楽しい電気自動車旅行のお手伝いしたいと思ってます。

この記事に対するコメント

私は 24kWhのリーフに乗っていますが、遠出する時はコースにもよりますが、よく普通充電設備のある宿を選んでいます。朝起きると満充電。気持ちいいですよ!つい立寄り先が増えてしまいます。勿論道の駅、コンビニ、日産など、コースによって使い分けしています。北海道一周、九州・沖縄、四国八十八か所巡り等走破しています。

投稿者 : stone2162

投稿日時 : 2016-05-23 17時45分

stone2162様 GoGoEV事務局です。コメント有難うございます。朝起きて満充電、気持ちいいですし、気持ち的にも安心ですよね。事務局スタッフもリーフに乗ることが多いのですが、出先で急速充電を上手く使って満タン近くにし、翌日スタートする時などは、少し落ち着かなかったりします。一方で、新しい充電スタンドを探すのもEVならではの楽しさと思っています!

投稿者 : evadmin

投稿日時 : 2016-05-26 16時50分

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする