【EV・PHEV】2017年アメリカで売れたEV・PHEVはこれだ!

掲載日:2018年1月22日

2018年に入り、エネルギーの脱炭素化や自動車の電動化に関するニュースが連日耳に入るような気がしています。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)も、一昔前は「物珍しいクルマ」でしたが、今や、「日常に走るクルマ」となり、街中に溶け込んでいます。このように、EV・PHEVを取り巻く意識にも変化があり、やはり普及状況は大きな影響を与えていると思います。
そこで本日のコラムでは、昨年1年間に販売されたEV・PHEVについて、世界のEV・PHEVの販売台数を調査している「EV Sales」というウェブサイトから、米国の販売台数について纏めてみたいと思います。

2017年1-12月のアメリカ年間EV・PHEV販売台数


2017年に米国で販売されたEVおよびPHEVの推定販売台数は、およそ20万台となりました。前年比27%増と、2015年の販売台数をほぼ倍増する勢いとなっています。
車種別の販売台数は以下の通りです。(表中の黄色網掛けはEV、水色網掛けはPHEVを示します。)


●第1位:テスラ モデルS
米国で最も販売されたEVはテスラのモデルSでした。昨年より若干の減少となっていますが、依然、人気のある車種であることがわかります。

▲テスラ モデルS

●第2位:シボレー Bolt EV
PHEVのシボレーVoltと発音が似ていることで一躍有名になった「Bolt」ですが、2017年に発売が開始され、堂々の2位となりました。3万ドルを下回る価格から購入でき、さらに、60kWhの電池を搭載するスペックが人気を集めたと想像されます。

▲シボレー Bolt EV(出典:ゼネラルモーターズプレスルーム)

第3位:テスラモデルX
3位は、テスラモデルXとなりました。モデルSに比べても更に高い値付けがされているものの、SUVタイプと言うことで人気を集めたと想像されます。

▲テスラ モデルX(出典:テスラモーターズウェブサイト)

4位以下としては、日本でも販売が好調なプリウスPHVやBMWのPHEV車などが特筆するところと思われます。また、人気のEV車種について見てみると、いずれもバッテリー容量がこれまでのEVの平均値(24kWhや30kWh)などに比べて2倍以上搭載されていることがわかります。すなわち、消費者が受け入れ始めたEVというものが、やはり航続距離が一定程度あるものであることが明確になってきたと言えるのではないでしょうか。

次回以降のコラムでは、欧州や中国、日本の2017年の販売台数状況などについても見ていきたいと思います。

●参考ウェブサイト:
-【EV・PHEV】2016年アメリカEV・PHEV販売台数!(2017年2月2日付GoGoEVコラム)
-EV sales

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする