【EV】「こういうアイデア面白いなぁ」と思う電気自動車の充電方式5選

掲載日:2019年2月18日

電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)の充電を行う際、それらの電気がどのように作られているか、それほど強く意識することはないかも知れません。しかし、世の中には面白いアイデアで自動車を駆動しようとする取り組みがあります。
本日のコラムではそれら幾つかのアイデアから、充電を身近に感じられる5つの方式についてご紹介したいと思います。

1. Sunnyclist(太陽光+足漕ぎペダル)


既にウェブサイトは閉鎖していますが、ギリシアのベンチャー企業「Sunnyclist」社は、太陽光と足漕ぎペダルによる3輪式EVのコンセプトカーを2013年に発表していました。同社Youtubeによると、航続距離は190kmで、太陽光によって70km、バッテリーによって70km、足漕ぎで50kmの走行が可能とのことです。

その後、2015年に新たなコンセプトカーを出していましたが、2019年時点では既に活動を停止しているようです。足漕ぎのアイデアは複数のスタートアップ企業から提案されていますが、3人乗りで一定の大きさのEVとしては、Sunnyclist社の提案を超えるものは出ていないように思われます。

▲Sunnyclist社EVのペダル(出典:Youtube)


▲Sunnyclist社EVのペダル(出典:Sunnyclist社Twitter)

2. 電動ケットラ(天ぷら油)


八ヶ岳山麓で生活をされ、ブログ「自給知足がおもしろい」を執筆されているわたなべあきひこさんは、天ぷら油で耕運機(テーラー)を動かしたりなど、おもしろい取り組みをされています。

その中で、天ぷら油で動く発電機を作り、それを用いたレンジエクステンダーミニキャブミーブトラックを作られました。わざわざ、100V用のケーブルを購入したりなど、苦労されたようですが、おそらく、天ぷら油でEVに充電する仕組みを作った、日本、いや、世界で唯一の取り組みではないかと思います。

▲わたなべあきひこ氏のミニキャブミーブトラック(出典:Blog「自給知足がおもしろい」)

3. 風力駆動自動車(風力)


ヨットのように、風を利用して自動車を走らせようとする取り組みや研究が幾つか行われています。その中でも、毎年オランダのデン・ヘルダーで行われている「Racing Aeolus」では、ローター式風力駆動自動車のレースが行われています。原理は少し複雑ですが、風の力に加え、ローターを通して充電を行い駆動する自動車を、学生チームなどが競っているようです。


▲Racing Aeolus2017の出場チーム(出典:Racing Aeolusウェブサイト)

どのような自動車かピンとこない方もいらっしゃると思いますので、レースの様子を動画でご覧ください。


4. ゴミ発電駆動ゴミ収集車(バイオマス)


神奈川県川崎市は今月より、同市川崎区浮島町浮島処理センター内に、ごみを燃焼させた際に発生する蒸気を用いた発電によって生み出された電気を持ちいた充電設備を設置しました。その電気は、交換式電池充電ステーション内で電池を充電し、2台のごみ収集車に提供されます。

▲ゴミ収集車(出典:EMIRAウェブサイト)

ごみ収集車という、エネルギー消費が比較的多い自動車を電動化するため、電池交換式を採用、運転手は一人での操作によって数分間待つことで充電池を自動的に交換できるとのことです。

▲電池交換のイメージ(出典:EMIRAウェブサイト)

5. 水車発電充電スタンド(水力)


には、水車を用いた発電所が設置されており、その横には急速充電器が備え付けられています。発電された電気は市役所内の自家用で使われているようですが、充電設備にも供給されています。

注目するのはその出力で、20kWとなっています。急速充電器の出力が44kWですので、そのすべてとは言いませんが、およそ半分が実質的に水車から供給することができているようですね。太陽光発電などと異なり、水力は出力がほぼ一定している点も、特徴ではないかと思います。

▲都留市役所・家中川小水力市民発電所・元気くん1号(出典:都留市役所ウェブサイト)


▲都留市 都留市役所 駐車場充電スタンド(GoGoEV)


以上、本日のコラムでは、こういうアイデア面白いなぁという電気自動車の充電方式について取り上げました。きっと、他にも面白いアイデアが沢山あると思います。ぜひ、こんなのあるよ、というのをご存知の方は、コメント欄へ投稿ください!
お待ちしています。

●参考ウェブサイト:
-Sunnyclist(Wikipedia)
-Blog「自給知足がおもしろい」
-Racing Aeolus
-Wind-powered vehicle(Wikipedia)
-ごみを燃やして充電!日本初の“エネルギー循環型”EVごみ収集車<電池交換型>が登場(EMIRA)
-都留市 都留市役所 駐車場(GoGoEV)
-家中川小水力市民発電所(都留市役所)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする