Q : 【充電スタンド設置 検討者様向け】充電スタンドはどのような手順で設置をするの?

 

A

充電スタンドの設置を検討する際には、購入する電気自動車の販売店や、充電器販売店に相談しましょう。具体的には、戸建住宅に設置するのか、マンションへ設置するのか等、設置する場所に応じて考慮すべき項目は違いますので、以下にそれぞれ例を示します。

○戸建住宅
①コンセントの設置する位置の決定 (電気自動車の充電口からの距離、雨水の影響、利便性や安全性などを検討)
②充電設備の決定 (コストを考慮すると考えると100Vもしくは200Vのコンセントもしくは充電ケーブル付き充電器が推奨されます。)
③契約電力容量を確認 (充電時には比較的大きな電流が流れるため、電気設備の容量や契約容量を確認が必要です。電力容量が不足する場合には、電気工事業者に相談ください。)
④配線の検討(電気自動車充電用充電器用配線は、専用回路とする必要があります。)
⑤電気工事業者に相談
⑥必要に応じて電力会社に相談
⑦充電設備設置工事
⑧完成
*賃貸の場合には、賃主の許可を得て設置することが必要になります。

○集合住宅(マンション・アパート等)
①管理組合に相談
②管理組合が契約電力、消費電力を検討した上で、電力供給契約の変更なども含め、電気工事業者および電力会社に相談
③管理組合が充電設備設置場所を検討。また、電気工事会社に設置工事費の見積り等を依頼
④管理組合は充電設備設置工事及び設置に伴う規約の変更等について、総会に議案を提出
⑤総会にて可決された場合に、設置工事を実施
⑥完成

詳細につきましては、経済産業省、国土交通省発行の「電気自動車・プラグインハイブリット自動車のための充電設備設置にあたってのガイドブック」をご参照ください。