Q : 【電気自動車一般】急速充電器と普通充電器の違いは?

 

A

急速充電器と普通充電器の違いを一言で表すと、充電速度の違いになります。では、何故急速充電器は普通充電器より早く充電できるのでしょうか。そのカギを握るのが充電器からの出力形態になります。

急速充電器は、送電線で送られた交流電力を、充電器内部のインバータにより直流に変換します。そして、最大100A以上の電流を発生させ、電気自動車(EV)内部のバッテリを充電します。

それに対し、普通充電器は送電線で送られる交流電力をそのままEVに供給、EVに搭載されているインバータが交流を直流に変換しバッテリを充電します。EVの車体スペースは限られますし、また極力軽くするためには、車載インバータの大きさには一定以下にする必要があります。そのため、普通充電の場合、充電に時間がかかります。

以上をまとめたのが以下の表になります。


また、充電時間については 【EV購入検討】充電時間は何時間くらいかかるの?」を参照ください。