【EV】「リーフ」のバッテリー容量保証を開始

掲載日:2013年6月18日

日産自動車は7日、EV「リーフ」のバッテリー容量保証を、5月31日より開始したと発表しました。

皆さんも携帯のバッテリーなどで経験したことがあると思いますが、バッテリーは充放電サイクルによって容量がどんどん少なくなってきます。もちろんEVのバッテリーにも同じことがおこります。日産自動車はこのバッテリーの劣化に対する対抗策として、バッテリーの容量保証を開始しました。

このバッテリー容量保証は、5年または10万kmの範囲内でバッテリー容量が初期の三分の二を割り込んだ場合、無償でバッテリーを修理または交換するというものです。この制度は5月31日以前に販売されたリーフにも対応しているとのことです。

バッテリーは車体価格の大部分を占めていますから、そのバッテリーが劣化した際に無償で修理・交換してくれるサービスは非常にありがたいですね。逆に言うと、リーフの電池は5年、10万kmの範囲内ではあまり劣化しないことを表しているのかもしれませんね。

引用元のニュース記事

NISSAN ニュースリリース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする