【EV】三菱自動車、仏ルノー・日産自動車が電気自動車の共同開発へ

掲載日:2013年11月6日

ルノー・日産アライアンスと三菱自動車は今月5日、商品、技術、生産能力を3社で共用する新たなプロジェクトを共同で検討することに合意しました。これにより、日産と三菱自動車の戦略的協力関係が、ルノー・日産アライアンスにまで拡大することになります。

日産と三菱自は2011年6月に軽自動車を共同開発する合弁会社「NMKV」を設立、2013年6月には両ブランドによる新型軽自動車を発売しました。新たな提携によりルノーも含めた3社で技術共有し初めて自動車を購入する層を対象とした世界戦略車を検討し、電気自動車(EV)バージョンを含め、軽自動車をベースに開発するとの事です。

今回の提携は、電気自動車にのみ焦点を絞ったものではありませんが、電気自動車の開発、販売で先行しているルノー・日産連合と三菱自動車が手を組む事は、今後の電気自動車のラインナップ増加と普及に影響を与えるものと考えられます。

今後、電気自動車のエントリー車の開発が進み、手頃な価格で誰でも電気自動車を購入できるようになる事を期待してます。

●参考ウェブサイト:ルノー・日産アライアンスと三菱自動車
広範囲に及ぶグローバルな商品・技術における協力関係を検討(三菱自動車工業プレスリリース)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする