【EVレンタカー】GLM製トミーカイラZZがレンタカーにお目見え!

掲載日:2017年6月26日

街中で日産リーフや三菱アウトランダーPHEVをはじめとする電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)を見かけることもしばしばとなってきました。それに伴い、EVやPHEVをレンタカーで利用できる環境も、数年前に比べると随分広がった様に思います。

これまで、GoGoEVではEV・PHEVレンタカーについて取り上げてきましたが、その中でも目を引くのが、テスラロードスターなど、滅多に乗れないEV・PHEVのレンタカーではないでしょうか。そのような中、この度、タイムズカーレンタルが、GLM(グリーンロードモーターズ)のトミーカイラZZをレンタカーとして貸し出すサービスを東京で始めましたので、ご紹介したいと思います。

▲GoGoEV関係者で試乗したテスラ「ロードスター」レンタカー

○GoGoEV関連コラム:
-【EV】テスラロードスター試乗体験!(2014年7月17日付)
-【特集記事】グリーンロードモータース小間社長インタビュー(第3回):GLMの戦略、そして今後の動向(2013年7月18日付)
-【特集記事】グリーンロードモータース小間社長インタビュー(第2回):ピュアスポーツEVとGLMのライバル(2013年7月17日付)
-【特集記事】グリーンロードモータース小間社長インタビュー(第1回):GLMの始まりから京都へのこだわり、そしてコア技術(2013年7月16日付)

タイムズカーレンタルは元々、マツダレンタカーとして運営が行われていましたが、2009年にコインパークを運営するパーク24株式会社に株式が譲渡され、2013年からブランド名称がタイムズカーレンタルに統一されました。その後、2014年よりプレミアムカーレンタルサービス「ServiceX」が開始します。

ServiceXは、主に、東京、神奈川、名古屋の中心部のタイムズカーレンタルの店舗において、ポルシェ911やボクスター、シボレーコルベットなどのスポーツカーや高級車が取り扱われています。これほどの種類の車を気軽に借りられるということでも、自動車好きにはたまらないサービスです。

▲タイムズカーレンタル「ServiceX」ラインナップの一部(出典:タイムズカーレンタルウェブサイト)

その中で、GoGoEVスタッフが一押しなのが、GLMのトミーカイラZZ!
2013年に99台限定で予約を受け付け、2015年より順次納車が行われています。気になるスペックとしては、0から100kmまでの加速が3.9秒と、テスラ社が最初にラインナップした「ロードスター」とスポーツカーとしての性能はほぼ同等。

一方で、航続距離は120kmと、今のEVの主流からは少し物足りないとも言えますが、反面、販売価格は税別800万円と、決して安い価格ではありませんが、テスラロードスターの価格(1200万円以上)に比べると比較的リーズナブルな設定を狙っているようにも思えます。

▲タイムズカーレンタルが提供するトミーカイラZZのレンタカー(出典:タイムズカーレンタル)

このように、希少性の極めて高いGLMトミーカイラZZが、東京有楽町にある、タイムズカーレンタルServiceX 有楽町イトシア店で借りることができます。
トミーカイラZZの気になるレンタカー料金は、1時間あたり3,780円(税込)、24時間借りた場合29,160円(税込)になります。

▲タイムズカーレンタル「ServiceX」価格(出典:タイムズカーレンタルウェブサイト)

EV・PHEVユーザーの皆さん、普段乗り慣れていらっしゃるご自身の自動車とは一味違ったEVを体験してみてはいかがでしょうか?

●参考ウェブサイト:
-タイムズカーレンタルGLM トミーカイラZZ
-トミーカイラZZで「いざ、鎌倉!」日帰りツーリングへ出かけよう!(タイムズカーレンタル特集記事)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする