【充電スタンド】各充電スタンドの混雑状況を調べるには??

掲載日:2017年7月10日

夏休みシーズンまでもう少し。この夏も電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)でのお出かけをお考えの方も多くいらっしゃる事と思います。充電を行いながらの旅行は計画が重要で、EVの方なら確実に充電できるところを下調べしておかないと不安がありますし、PHEVの方も、どうせ休憩するなら車にも電気を食べさせてあげながらと考えられるかも知れません。

そこで、本日のコラムでは、長距離ドライブを行う際の計画を立てるのに参考になる情報についてご紹介します。

■GoGoEV充電記録データ


GoGoEVではユーザーの皆様にご投稿頂きました「充電記録」データを元に混雑情報をマッピングしています。
各充電スタンドについて、曜日ならびに時間別に利用状況を整理することで、一目で、どのタイミングが混雑しているのか、空いているのかがわかるようにしています。

▲充電スタンドの混雑情報データ

なお、混雑情報データは各充電スタンドの詳細ページ上部にある充電記録(一覧)からアクセスします。


■日本充電サービス(NCS)混雑充電スタンド


GoGoEVはユーザーさんの充電記録データから混雑情報のマッピングを行っていますが、日本充電サービス(NCS)においても急速充電器に限り、使用実績データを元にした混雑予想を行っています。

例えば、高速道路のSA/PAならびにIC周辺の充電スタンドについて、年末年始期間、ゴールデンウィーク期間、お盆期間などの実績から、混雑時間帯を3時間ごとの統計データとして表示しています。
このデータ、SA/PAの混雑状況ともある程度連動していると考えられますので、特に繁忙期での移動計画を立てる時には結構役に立ちます!

▲高速道路のSA/PAならびにIC周辺の充電スタンドにおける時間別混雑情報データ(出典:日本充電サービスウェブサイト)

また、高速道路だけに限らない、広い範囲の急速充電器の混雑状況データも提供しています。ただ、このデータは期間中の利用数データですので、移動計画を立てる時には少し不向きかもしれません。ただ、どこが混雑しやすいのかということを一目で見るにはある程度参考になりそうですね。


EV、PHEVに限らず自動車での長距離移動を繁忙期に行う場合、混雑予想される状況で、どこで休憩するかというのは、とても重要です。さらに、EVの場合には移動を継続するため、充電をどこで行うかは極めて重要になりますし、PHEVにおいても時間の有効利用の観点から、あらかじめ目処をつけておきたいと思うものです。

その意味で、上記ウェブサイトなどを活用しつつ、より簡単に計画が立てられればと思いますし、GoGoEVとしても更なる改良を行っていきたいと思います。また、充電スタンドの混雑状況データについて、表示方法なども含めたご要望がありましたら、是非、お寄せ下されば幸いです。

●2017/07/15追記:
 2017/7/12付で、2017/4/29~2017/5/7実績の高速道路設置ならびにインターチェンジ周辺の急速充電器の混雑状況情報(NCSウェブサイト)が更新されています。夏休み期間中にEV・PHEVにて高速道路をご利用予定の皆さまは、是非、ご確認頂ければと思います。

●参考ウェブサイト:
-NCS充電渋滞情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする