【充電ケーブル】EV・PHEVの充電ケーブルを追加購入したいと思ったら??

掲載日:2018年9月10日

GoGoEVコラム読者の皆様、また、GoGoEVユーザーの皆様、いつもコラムをお読みいただき有難うございます。
さて、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)に乗っていると、充電のたびにケーブルを出し入れするのが面倒になってくることがありますよね?特に、家や職場など、いつも使う充電スタンドがコンセントタイプの場合、専用ケーブルを取り付けたいと思ったことなどはありませんか?

▲EV・PHEV向け充電コンセント(出典:Panasonicウェブサイト)

そんな皆様の「心の声」を受け、今日のコラムでは、充電ケーブルを追加でほしいと思った場合を想定し、価格や種類などを調べてみました。それでは、早速、各社のケーブルを見ていきたいと思います。

三菱自動車製・充電ケーブル


三菱自動車製の純正ケーブルを追加で購入する場合、10m仕様のみが準備されており、200V用が56,160円(税込)、100V用が50,652円(税込)となっています。また、楽天なとでも一部の業者が販売していますが、価格はほとんど安くなっていない状況です。ですので、三菱自動車用の充電ケーブルを追加で購入したい場合、お近くに三菱自動車の販売店があれば、新品であれば純正品を購入するのが一番お得と言えそうです。

▲三菱自動車純正EV・PHEV充電ケーブル(出典:アウトランダーPHEVカタログ)

日産自動車製・充電ケーブル


日産自動車製の純正ケーブルは、200V充電用については、3mのものと15mのものとが、オプションとして用意されています。価格はそれぞれ、48,343円(税込)、61,714円(税込)です。また、楽天やAmazonなどでは、カタログに掲載されていない、自動車に標準品としてついている7.5mについても販売されており、価格もカタログ値に比べ、数千円程度安く売られているようです。

▲日産自動車純正EV・PHEV充電ケーブル(出典:リーフカタログ)

トヨタ自動車製・充電ケーブル


トヨタ自動車からはプリウスPHVが発売されていますが、カタログには充電ケーブルの追加購入についてのオプション記述はありません。従って、トヨタ純正品を購入するには、ディーラーなどから別途問い合わせて見積もりを取って価格を知ること方法となりそうです。
ただ、楽天やAmazonなどで一部販売されており、価格は仕様にもよりますが、200V仕様で83,000円~91,000円程度となっています。(※2018年9月10日現在)

▲トヨタ自動車純正EV・PHEV充電ケーブル(出典:新型プリウスPHVカタログ)

>メーカー不明・充電ケーブル


今回、日本で購入できるEV・PHEV向けの充電ケーブルを調べていたところ、Amazonで、メーカーは不明ですが、ものすごく安価なケーブルを発見しました。200-240V仕様(25フィート:7.6m)および、100-240V仕様(16.5フィート:5m)のいずれも、23,000円前後で購入できるようです。
Amazonのコメント欄を見る限り、少なくともBMWのPHEVでは使えているようですが、他のEV・PHEVで使えるのかは不明です。一度購入して試してみたいものです。

▲メーカー不明の中国製EV・PHEV充電ケーブル(出典:Amazon)

メーカー不明・延長ケーブル


ケーブルの長さが足りないなと思ったとき重宝しそうな延長ケーブルがこちらになります。SAE J1772のメスコネクタとオスコネクタが付いていますので、色々な使い方ができそうですね。なお、Amazonでは、4.5mと9mの2種類がラインナップされていますが、いずれも2万4千円~2万5千円程度となっています。(※2018年9月10日現在)

▲メーカー不明の中国製EV・PHEV延長ケーブル(出典:Amazon)

トヨタホームの家庭用充電ケーブル


ちょっとお洒落な充電ケーブルを取り付けたいと思った場合は、例えば、充電器メーカーが製造する、家庭用充電ケーブルなどがあります。例えば、トヨタホームは壁掛け式を工事費込みで218,000円(税抜き)から、ポール型は工事費込みで380,000円(税抜き)からとなっています。

▲トヨタホーム製EV・PHEV充電ケーブル(出典:トヨタホームウェブサイト)

YAZAKIの家庭用充電ケーブル


また、矢崎総業グループの矢崎エナジーシステムはイエスタ「iesta」と呼ばれる、良く街中でも見かけるようになった充電スタンドを、定価160,000円(税抜き)から販売しています。スリムスタンド型やポールスタンド型など、用途に応じてバリエーションがあるようです。やはり、ケーブル本体のみを追加購入することに比べると値段が高くなりますが、片付け易さやデザイン面を考えると、購入を検討しても良いもしれませんね。

▲YAZAKI製EV・PHEV充電ケーブル(出典:矢崎総業ウェブサイト)

以上、本日のコラムでは、「EV・PHEVの充電ケーブルを追加で買いたいと思ったら??」と題し、充電ケーブルの価格などを調べてみました。何らかの参考になれば嬉しいです!
また、他ににおススメのEV・PHEV充電ケーブルがありましたら、是非、教えてくださいませ。

この記事に対するコメント

私はリーフ車載の充電ケーブルのほかに自宅のEV専用コンセントに常設するためにヤフオクで中古のリーフ充電ケーブルを手に入れました。旧型リーフに引き続いて新型リーフでも使用しています。
これで帰宅して車庫に駐車したらすぐ充電プラグを差し込め便利になりました。
釣り場や温泉ではEVコンセントで充電するので車載充電ケーブルも必要です。
輸出業者が中古リーフから取り外して出品しているようです。大量に次から次へと出品されていますから安価で落札(ほぼ出品価格)出来ます。

投稿者 : isewan_1

投稿日時 : 2018-09-13 11時32分

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする