【充電スタンド】2018年の充電スタンド設置状況を振り返る

掲載日:2018年12月31日

2018年も今日で最後となりました。ここ2年ほど、充電スタンドの登録数の増加状況も落ち着いている状況が続いていますが、それでもなお、微増となっています。本年最後のGoGoEVコラムでは、2018年末までの充電スタンド設置状況をGoGoEVデータから振り返ってみたいと思います。

○GoGoEV関連コラム:
-【充電スタンド】2017年の充電スタンド設置状況を振り返る(2017年12月29日付)
-【充電スタンド】2016年の充電スタンド設置状況を振り返る(2016年12月30日付)

はじめに、GoGoEVの登録数推移を見たいと思います。2018年の1年間でGoGoEVに登録された充電スタンド数は463ヶ所(急速充電スタンド:341ヶ所、普通充電スタンド217ヶ所、うち重複:95ヶ所)となりました。前年1年間(2017年1~12月)での増加数が539ヶ所だったことから、増加数は約15%減でした。

▲2018年12月までのGoGoEV充電スタンド登録数

グラフを見ると、増加数が2017年3月前後で大きく変わっていることがわかります。これは、H24年度補正予算によって計上された1,005億円の充電インフラ整備が2016年4月ごろでひと段落したためです。それ以降、国の充電インフラ整備に措置された予算は、H28年度25億円、H29年度18億円、H30年度15億円となりました。

2017年以降の充電スタンド新規登録数は、まさに予算額に対応しているかのような状況です。参考までに、H29年度ならびにH30年度の経済産業省による補助施策の概要を示します。



▲H29年度およびH30年度の経済産業省による充電スタンド補助施策(出典:経済産業省ウェブサイト)

ただし、先日GoGoEVコラムでも取り上げた通り、H31年度予算案では、久しぶりに予算額が増加に転じており、また、既設充電スタンドへの増設も予算として認められることになりそうです。GoGoEVでは充電器数ではなく、充電スタンド数で記録を取っているため、来年度もGoGoEVへの登録数としてはそれほど大きく増加しないのではないかと想像できます。

GoGoEVでは各充電スタンドにおける充電器の増加についても、随時対応していきますので、もし、情報を見つけられましたら、投稿頂けますと思います。また、引き続き、電気自動車・プラグインハイブリッド車ユーザーの皆様の利便性向上を引き続き目指して参りたいと思います。

来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

●参考ウェブサイト:
-【EV・充電インフラ】H31年度・EVおよび充電インフラに関する政府予算案(2018年10月29日付GoGoEVコラム)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする