【EVカーシェア】公用車・社用車を休日にカーシェアとして活用

掲載日:2019年4月7日

自治体等が公用車として用いる自動車、また、企業が社用車として使用する自動車を、休日にカーシェア向け自動車として利用する動きが広がりつつあります。このアイデア自体は一昔前からあり、主に社会実験として行われていた取り組みが、ここにきて、一気にビジネス化しつつあります。

本日のコラムでは、NISSAN e―シェアモビがけん引する、新たなカーシェアの形について、取り上げたいと思います。

●GoGoEV関連コラム
-【EV】電気自動車のカーシェアリングが増えてきています(2015年9月11日付)
-【EVカーシェア】宿泊施設でe-NV200のカーシェアリングサービスがスタート!(2017年4月17日付)

これまでの取り組み


公用車や社用車をカーシェアリングやレンタカーとして活用する動き自体は、以前より行われていました。

その先駆けとなったのは、福岡県福岡市内において、2010年から2011年にかけて2回にわけて行われた実証実験です。三菱自動車の「アイミーブ」が、休日のみ無料でカーシェアとして利用されました。当初、2台で始まりましたが、その後、8台体制で実験が行われました。

▲福岡市において実施されたカーシェアリング実証試験の様子(出典:タイムズカープラスWEBサイト)

福岡市で実証が行われた翌年の2012年から2016年にかけては、大阪府堺市庁舎周辺に日産「旧型リーフ」3台と三菱「アイミーブ」2台が設置されました。その内、旧型リーフ1台、アイミーブ1台を平日は職員専用、休日は市民専用とし、残りについては、職員と市民との共同利用の形が取られました。

▲堺市において実施されたカーシェアリング実証試験のスキーム(出典:タイムズカープラスWEBサイト)

また、2017年からは、JTBコーポレートセールスおよび日産自動車が共同でe-NV200を17県の66施設に配備し、通常は送迎用に利用するe-NV200を、カーシェアリングにも利用できる取り組みを行いました。

▲e-NV200(出典:日産自動車ウェブサイト)

今回の新たな動き


今回、新たに始まった、公用車・社用車のカーシェアリング活用の取り組みが、これまでの取り組みと大きく異なる点は、「NISSAN e―シェアモビ 」の一環であるということではないかと思います。

沖縄県名護市では、2018年3月26日より、同市役所内に日産「新型リーフ」4台を設置し、休日はe―シェアモビ利用者が自動車を借りられるようにしました。同市としては、二次交通対策、経費削減、環境への影響低減、緊急時対応の4点のメリットを示しており、とりわけ経費削減については、カーシェアリング事業によって維持費を賄うという考えです。

▲名護市におけるカーシェアリングのイメージ(出典:名護市役所ウェブサイト)

今後、どこまで浸透するかはわかりませんが、以前の取り組みが、個別の登録などが必要であったことに対し、全国的なカーシェアリング事業の一環としてサービス展開されることで、旅行者も含めた利用者の利便性は、随分と向上するのではないかと予想されます。

▲カーシェアリング用の新型日産リーフ(出典:名護市役所ウェブサイト)

また、高知県においても、リコージャパン高知支社(高知県高知市北久保12-3)に導入する新型「日産リーフ」を、「NISSAN e―シェアモビ 」に利用する社会事件が3月28日より1年間の予定で、開始されました。

今後、同様の動きが各地で進むかもしれませんね。

なお、2019年4月1日付で、「NISSAN e―シェアモビ 」は、月額利用料無料プランを新たに設定することになりました。大手のカーシェアリングサービスの多くが、月額料金が設定され、その同額を自動車利用代金に充当できるような料金プランとなっていることに対し、今回導入されるのは、完全に月額料金無料というプランとなります。

カーシェアリングサービスは、利用しない月の月額料金が、どうしても勿体ないと感じることもあるため、このプランは利用頻度がそれほど多くない方も登録しやすいと言えるかもしれません。

公用車・社用車のカーシェア利用、月額料金ゼロ円、そして新型「日産リーフ」を利用できるという点で、「NISSAN e―シェアモビ 」の取り組みは要注目です!

●参考ウェブサイト:
-官民連携によるカーシェアリング普及への取り組み(タイムズカープラス)
-公用車のカーシェアリングを開始いたします。(名護市役所)
-リコーとリコージャパン、社用EV(電気自動車)のカーシェアリングに関する実証実験を開始~平日は営業車として、休日は近隣住民や観光客向けにカーシェアリングとして活用~(2019年3月19日付リコープレスリリース)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする