【募集中】 GoGoEVフォーラム 第5弾 もはや避けては通れない!? 充電スタンド利用時のトラブル!みんなで解決策を考えよう!

野外イベントで見つけた!EV+V2Lの使い方

掲載日:2019年11月11日

こんにちは。
GoGoEV事務局です。

先日、11月9日土曜日に、関内駅周辺(神奈川県横浜市中区)を散歩していたところ、中消防署開設100周年イベントが神奈川県庁前で開催されていました。




消防車等の車両展示やAED体験などが行われている中、駐車場でもなく、充電器もない場所に、リーフがコードに繋がれているではありませんか!
何しているの!?と吸い寄せられるように、リーフが停められている場所へ見学に行きました。

その場所は、神奈川県庁舎前で、リーフからの電気を音響設備につなぎ、イベント情報を発信しているマリンFMのブースでした。



リーフと繋がっているのは、横浜市中区所有の ニチコン パワー・ムーバー です。



パワー・ムーバーは、EV・PHEV・FCVに繋ぎ、電気を取り出して、AC100Vに変換する装置です。
AC100Vで稼働する家電製品などに、電力を供給することができます。



今回のような野外イベントでも、リーフ+パワー・ムーバーを利用することで、音響設備へ電気を送ることができるのですね。

このパワー・ムーバー。
今回のようなイベントの他にも、先日の台風での災害時には、被災地でも活躍したようです!

横浜市も被災地へパワー・ムーバーの貸出を行ったとのことで、防災担当者の方より、お話をお伺いすることができましたので、一部ご紹介させていただきますね。

大型台風の被害で、千葉県が停電した際、日産自動車から貸出があったリーフより、パワー・ムーバーを通して、自動車の電気を公民館・保育園などをはじめ、一般家庭にも電気を届けられたようです。
(実際に現場で作業されたのは、東京電力の方とのことでした。)

保育園では、洗濯機・扇風機・パソコンなどを稼働。
公民館では、モバイルバッテリーレンタル機に給電。
自衛隊の入浴支援の際には、ドライヤーの電気を提供。
一般家庭では、冷蔵庫や洗濯機を動かすことができる。

非常用発電機などと比べて音が静か、との感想もあり、利用された皆さんからは感謝の声が絶えなかったようです。
日産リーフの電気は、一般家庭なら、約4日分の電気として使えるようです。
(※ 参照:https://ev.nissan.co.jp/LEAF/V2H/

今回、イベントでも使用していたパワー・ムーバーはトランクケース型で、重さは38kg。
お話を伺った男性職員の方なら、持ち上げてトランクへしまうことができるようです。

車に入れて、持ち運びできるとは、非常時にも野外イベント時にも使いやすそうですね。

購入時には、「クリーン エネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)」が適用されるため、条件を満たせば、お得に購入できますね。
EV・PHEV車に乗られている方や購入を検討されている方は、パワー・ムーバーも是非チェックしておきたいところです。

先日、こちらのコラムで caecco の実証試験 についてもお知らせしましたが、EV・PHEVの電気の使い方は、車を走らせること以外にも、色々と活用できる時代になってきていますね。

改めて、EV・PHEV車向けの新サービスにご興味を持たれた方は、こちらの記事を参考に、実証試験にご参加してみてくださいね。

EV・PHEVユーザー限定!謝礼あり・新サービスcaecco の実証試験モニターを募集

今後も、車のイベント以外でも、EV車の活躍を目にする機会が増えていくのでしょうか。

新たなEV車の活用方法に、注目したいですね!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする