EV充電関連ニュース&お知らせ

GoGoEVからのお知らせや、ユーザーアンケートの結果、各種データの集計レポートを掲載しています。

2022年6月15日

ダイヘン クラス最小設置面積「大容量180kW急速充電器」を販売開始

変圧器や産業用ロボット、充電インフラ機器などを販売する株式会社ダイヘン(本社:大阪市淀川区)は、クラス最小設置面積で最大4台のEV充電に対応する「大容量180kW急速充電器」の販売を開始すると発表しました。


「2050年脱炭素社会」の実現に向けEV自動車の普及が加速して行く中、高速道路のサービスエリアのように急速充電器が公共設置される場合、充電待ちのために発生する渋滞や充電の集中による電力ピークの発生(コスト上昇)などが課題となります。


今回発売される製品は、EV2台を同時に最大90kW出力可能な大容量急速充電器(合計180kW)で、プラグを2本追加することでEV4台の急速充電にも対応。クラス最小設置面積(0.46m²)で、設置工事にかかるコストを低減できます。受電設備に応じた最適な大電力急速充電が可能なだけでなく、ダイヘン独自の自律分散協調制御技術「Synergy Link」(シナジーリンク)搭載により、顧客の既設システムや再生可能エネルギー関連機器など、様々な設備と連携したエネルギーマネジメントシステムを容易に構築することが可能です。


6月より受注を開始し、年間販売予定台数は50台。今後ダイヘンは、本製品をラインアップに加え、幅広い出力に対応するプラグイン充電器(普通・急速)からワイヤレス充電、走行中充電に至るまで、あらゆる充電ニーズにお応えする「EV充電システム総合メーカ」として、社会のEV普及促進に貢献していくとしています。



《特長》

1. 「複合型マルチプラグ充電」(特許出願中)により充電渋滞を軽減

・1プラグ最大90kW(合計180kW)をEV2台に同時出力可能

・プラグを2本追加することでEV4台の急速充電に対応可能(EV2台の充電が完了後、自動切替で残り2台に充電)


2. 設置コストの低減

・クラス最小設置面積(0.46m²)で設置工事にかかるコストを低減

・1台の充電器で4カ所の駐車スペースの充電に対応


3. エネマネ・外部制御に対応

・Synergy Link搭載・OCPPプロトコル対応により、既設システムや太陽光発電・蓄電池システムと連携した施設全体のEMS構築が可能

・充電の集中による電力ピークの発生(コスト上昇)を抑制

・機器の増設・入替が容易で、将来的な脱炭素化の取り組みにも柔軟に対応可能



詳しくはこちら

エネマネ対応「大容量180kW急速充電器」を販売開始
EV用急速充電器(180kW)
コメント投稿

コメントをするにはログインまたはユーザー登録が必要です

コメント一覧
この記事にはまだコメントが投稿されていません