【EV充電サービス】充電認証サービスの最新情報(2014年12月26日現在)

掲載日:2014年12月26日

GoGoEVでは、多くの口コミ投稿を頂いておりますが、その中でも充電スタンドの認証サービスについてのコメントを最近多く頂いております。

これは、自動車メーカー4社(トヨタ自動車、日産自動車、三菱自動車工業、本田技研工業)が共同で設立した合同会社日本充電サービス(NCS)の設立を受け、これまで実施されてきた認証サービスが終了し新たなサービスが開始される動きに伴っており、充電スタンドの認証サービスが混乱している状況にあるからと思われます。

来年3月頃まで、はっきりとした見通しはわからない可能性もありますが、本日時点で分かっている限りの充電認証サービスについて、ご説明したいと思います。

まず、NCSの設立を受け、2015年3月31日をもってサービスを終了する予定なのが、以下の2つの認証システムです。
チャデモチャージ
ジャパンジャージネットワーク

2015年4月以降、それぞれの認証システムのカードでは、急速充電器等での充電サービスを受けることができなくなります。これらのサービスは、NCS並びに自動車メーカー各々が随時準備する会員制充電サービスに移行されます。

しかし、上記の現在の主流である充電サービスを引き継ぐNCSの充電サービスについては、その全容が未だ公表されていません。
そのため、現在、それらのサービスを利用し、早く申し込みたいと考えるユーザー様にとって、混乱を招く最大の原因かと思います。

なお、NCSカードについては2015年1月下旬頃より提供できるよう現在準備中とのことで、来年1月6日より受付を開始すると説明されており、サービスの全貌が明らかになるのに、もう少しの辛抱かと思います。

なお、現在、一部の充電器は既にNCSのゲスト利用の形で運用されており、その場合、急速充電器は1分50円(+税)、 普通充電器は1分8円(+税)となっています。

○参考ウェブサイト:
-NCSカード 会員募集開始時期について

また、NCSネットワークの充電器は、以下のステッカーが目印となっています。サービス名は「チャージするゾウ」で、象のマークが目印です。


また、NCSのサービスを利用し、自動車メーカー各社がそれぞれのサービスを展開する予定となっています。これらにつきましても詳細は未発表ですが、分かっているものだけを以下の通りご紹介します。

○日産自動車
日産自動車は、既存のサービスを改変し、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム・スタンダードプランに加入することで、NCSが整備する充電サービスを利用可能になります。月額会費は3000円(税別)となっています。

○三菱自動車工業
現在、三菱自動車では三菱自動車 電動車両サポート先行キャンペーンを行っており、このカードを作ることで、2015年3月31日まで、NCSの充電サービスを入会金、月会費、充電料金無料にて利用可能となっています。
サービス内容・料金の発表、正式な入会申込受付は2015年3月を予定しており、この先行キャンペーン終了後は、改めて三菱が提供するサービス(有料)への申し込みが必要です。

○トヨタ自動車
これまでトヨタ自動車は「PHV Drive Support」という充電サービスを提供してきました。これに有料オプションPHV Drive Support プラスを付加することで、NCSが整備する充電サービスを利用可能になります。月額会費は 324円/月(税抜300円/月)で、普通充電器利用料 は1.62円/分(税抜1.5円/分)になります。現在は、半年間会費(月額会費+充電器利用料)無料にて申し込み可能です。

○外国メーカー
また、BMW「i3」やテスラ「モデルS」にお乗りのユーザー様も多いと思いますが、海外メーカについてもNCSのネットワークの充電器利用を検討しているとの情報がありますが、詳細については未定のようです。

○JTBコーポレートセールス
JTBコーポレートサービスが発行する「おでかけCard」については、NCSにより提供される充電サービスに対応すべく、新おでかけCard(仮称)による充電サービスの提供を検討中とのことです。

○エネゲート
また、エネゲートの「エコQ電」については、どのように対応していくか明言はされていませんが、これまで同様に都度料金を支払うことで充電サービスの利用ができると考えられます。また、新たなサービス展開も考えられます。

以上のように、NCSが新たなサービスの内容を明らかにしておらず、各社どのようなサービスを提供していくのか固まっていない部分が多々有ります。来年始めには、現在の状況が徐々に改善に向かい、4月以降にはサービスが一通り出そろうと思われますが、充電スタンド整備の工事遅れ等による混乱も続いているとの話もあり、当面は充電スタンドの最新状況を調べ、確認しながら利用せざるを得ないかも知れません。

GoGoEVでは、このような状況を、ユーザーの皆様と情報を共有しながら、最新情報を提供出来るよう努めて参りたいと考えています。電気自動車、プラグインハイブリッドユーザーの皆様が快適なEVライフを送れるようサポートも厚くしていきたいと考えておりますので、皆様のご投稿なども、引き続きよろしくお願い致します。

なお、本年のGoGoEVコラムは本日を最終号とさせて頂きます。一年間、お読み下さり、お付き合い頂きまして有り難うございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様、良いお年をお過ごし下さい。

GoGoEV事務局一同

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする