【GoGoEVアンケート結果・その1】 EV・PHEVユーザーの充電待ちの許容時間は?

掲載日:2016年3月14日

GoGoEVユーザーの皆様クチコミ投稿数10,000件突破記念マグネットプレゼントにお申込み頂きありがとうございました。多数の皆様よりご応募頂き、GoGoEV事務局も大変感激しております!

プレゼントにご応募いただく際、皆様よりアンケートのご回答ををお願いしておりましたが、470人もの方にご応募、ご回答頂きました。アンケートのの結果について、数回に分けその結果をご報告したいと思います。第一回目の今回は、(1)皆様が充電待ちをする際の許容時間、(2)充電中の車が停まっていた場合の対応、についての結果をまとめたいと思います。

●GoGoEV関連ウェブサイト:
-クチコミ投稿数10,000件突破記念マグネットプレゼント!

1.充電待ちの許容時間
まず、充電待ちにおける許容時間の回答結果をグラフにすると以下のようになりました。58%のEV・PHEVユーザーが10分以上でも待つと回答する一方、39%のユーザー様が10分程度と回答しました。一方42%のユーザー様からは30分乃至はそれ以上待つという回答を頂きましたが、思った以上に全く待たないという声も多く約19%でした。


ただし、この結果にはアウトランダーPHEVなど、EVだけではなくPHEVも含みます。そこで、EVユーザーの結果のみと比較してみたいと思います。車種として日産リーフ、三菱I-mievなどエンジンを搭載しないEVをお使いのユーザー様に絞って結果を見てみました。回答数は306名となります。


結果は、おおよその傾向はEV・PHEV全体と大きく変わりませんでした。そして、EVユーザーの方でも充電待ちをしない方は14%いらっしゃることがわかりました。先に車が止まっていたらすぐに近くの充電器を探して移動するということが多いようです。
また、10分程度なら待つというユーザーはEV・PHEV全体の40%程度を占め、すぐに充電できそうであれば、少しの時間は待つけど、10分位で終わらないならすぐに次へ行く、という行動があることがわかりました。

2.先に充電中の車が止まっていた場合にどうするか
それでは、充電スタンドに行った際、先に充電している方がいらっしゃったとすれば、EV/PHEVユーザーの皆様はどのような行動を取られているのでしょうか。そして、あとどのくらいで先の方の充電が終わると判断されているのでしょうか。それについての皆様の回答をまとめました。

【代表的意見】
 ●車の近くに、オーナーが待機していることが多いので声をかけて充電完了予定時刻を確認する。
 ●乗っていない場合や、聞きにくいときは、充電器側の情報を見て判断する。
 ●事前にネット等で使用状況を確認し、使用中の場合は、他の充電設備を探す。

皆様から頂いたコメントでは、充電をされている方に声をかけて充電完了時刻を確認するという方法がスタンダードのようです。ただ、周辺にオーナーさんがいらっしゃられないこともあるとのことで、その際は充電器の状況などから判断するようです。

また、「充電中の運転者をせかせないよう、さりげなく充電時間を確認しています。気のいい運転者さんに敢えて早く充電を終わっていただいたこともあり、EV車オーナーの絆を感じます。」など、EVユーザーさん同士の絆を感じるという意見もありました。

そのようなご意見やエピソードがある一方、一部のユーザー様からは充電待ちの際に困ったという意見を頂いています。

【先に充電している自動車がいる場合の様々な意見】
 ●サービスエリア等の混雑している場所の場合、待機場所がないので、順番をアピールするのが難しい。
 ●高速道路等やバッテリーの残量次第では、他のスタンドに行く余裕がなく、待たざるを得ない。
 ●前のユーザーの充電が終わっていれば、充電プラグを勝手に取り外して充電を開始したいが、気が引ける。
 ●PHEVであれば充電スポットが空いていれば使用するが、空いていなければ使用しない。PHEVで充電待ちをされるのは恐縮なので気を付けている

その他、ユーザーの皆様から多数の熱いご意見も頂きました。以下、幾つかご紹介いたします。

【ユーザーの皆様からのご意見】
 ●急速充電速度が遅くなったら充電をやめる。90%以上は急速充電の意味がなくなるので譲った方がよい。
 ●サービスエリア(SA)等で充電が終わっていれば施設側に移動を促す放送を流してもらう。
 ●高速道路のSA等ではPHEVユーザーに充電を譲ってほしい。

■まとめ
今回のアンケートを整理し、ユーザー同士で声を掛け合ったり、充電器・インターネットの情報をみて充電待ちの時間を確認してるということがわかりました。ただ、一部のユーザー様は声をかけるのに遠慮するなど、確認することにもエネルギーが必要だと想像します。
もし、一目であと何分で充電が終わる!!って確認できたらスムーズかも知れません。また、勝手にプラグを外すのも充電してる側が「終わていたらどうぞ!勝手に外して充電して下さい!」って書いていれば、気持ちよく取り外して充電開始できるのではないでしょうか。

一部のユーザーからは「充電スタンド数が増えたので、充電待ちせずに別の場所に行く選択肢が増えた。だから充電待ちがないということではなく、単に待ちたくないから移動するだけで、本来なら一拠点に二台程度の充電器は欲しいです。」といった率直な意見も頂けたのは、今後の充電インフラ整備にとって、とても重要な示唆を得られたと思います。


今回GOGOEVでは皆様のEV充電文化をよりよくしたいという思いで、マグネットプレゼント企画をさせて頂きました。ただ、皆様から様々な意見を頂くなかまだまだ改善の余地はあると感じます。是非皆様「こんな物があればもっと良くなる」っという意見があれば教えてください!皆様でEV充電の良い文化を作って行きましょう!

次回は充電中にとる行動についてをまとめたいと思います。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする