【EV/PHEV】2015年中国のEV・PHEV車種別販売台数ランキング -日本勢は!?-

掲載日:2016年5月13日

前回のコラムにて中国のEV新車種について一部紹介させて頂きました。本日のコラムでは、前回のコラムに引き続き、2015年中国のEV/PHEV車種別販売台数について調べてみましたので紹介します。

◯GoGoEV関連コラム
【EV】中国のEV新車種は脅威か!?(掲載日:2016年5月10日)

まずは車種毎の販売台数をEV-Sales様の情報を基に以下のようにまとめました。


中国でのEV/PHEVの2015年販売台数は207,384台となっております。筆者は正直なところ中国EVを知り尽くしているわけではなく、正直この並びを見ただけではどのような車種が販売されているのかあまり想像できないので、1位から10位まで写真付きで並べてみました。

■1位:比亜迪汽車(BYD)社 「秦」 -31,898台-

△出典:BYD AUTO公式サイト
1.5Lのエンジンを搭載したPHEV。0㎞/h~100㎞/hを5.9秒で達成する加速性能を持っています。HPのカタログ上ではEVモードで70㎞走行できるとしています。価格についてはHP上で20.98万元(約350万円、以下1元=16.7円で計算)。

■2位:康迪(KANDI)社 「Panda EV」 -20,390台-

△出典:康迪(KANDI)社公式サイト
サイズとしては三菱i-MiEVのようなものでしょうか。航続距離は150㎞以下、最高速度は100㎞/h。

■3位:比亜迪汽車(BYD)社 「唐」 -18,375台-

△出典:BYD AUTO公式サイト
SUVモデルのPHEV。同社モデル「秦」と比べると価格は25.13万元(約420万円)~と高め。EV走行で60km走行できる。

■4位:北汽新能源社 「EシリーズEV」 -16,488台-

△出典:北汽新能源社公式サイト
同社Eシリーズ内にEVは「EV200」「EV160」「E150EV」の3車種ある。上級モデルの「EV200」は1充電当たり200km走行できる。価格は20.89万元(約348万円)。

■5位:众泰汽车(Zotye)社 「Z100 / Cloud EV」 -15,467台-

△出典:众泰汽车(Zotye)社公式サイト
最高時速は100㎞/h、最大航続距離も200㎞のEV。こちらもサイズは三菱i-MiEVのようなイメージですね。

■6位:上海汽车(SAIC)社 「Roewe 550 PHEV」 -10,711台-

△出典:http://www.roewe.com.cn/roewe550plug-in/
EVモードで60㎞走行なPHEV。価格は23.98万元~(約400万円)。

■7位:江淮汽车(JAC)社 「i EV」 -10,420台-

△出典;江淮汽车(JAC)社ホームページ
19kWhのバッテリーを積んだEV。航続距離の記載はないが、そこまで長距離は走れないと考えます。

■8位:康迪(Kandi)社 「K10 EV」 -7,655台-

△出典:康迪(KANDI)社公式サイト
上記の同社Panda EVとスペックは同程度。見た目もほとんど同じか…

■9位:奇瑞汽车(Chery)社 「eQ」 -7,262台-

△出典:CheryInternational 公式サイト プレスページ
一充電当たりの航続距離は最大で200㎞のコンパクトEV。

■10位:比亜迪汽車(BYD)社 「e6」 -7,029台-

△出典:BYD AUTO公式サイト
一充電当たりの航続距離はカタログ上は400㎞。但し価格は30.98万元(約517万円)~と高い。

いかがでしょうか。日本にいると見る機会がない車種ばかりですね。BYD社は上位20以内に5車種ランクインするなど、EV/PHEVでの中国シェアが高いことが分かります。11位以下を見てみると15位にTesla社Model S、20位に日産自動車の合弁会社である東風日産乗用車公司が販売しているVenucia e30がランクインしていますね。Venucia e30は日産Leafをベースに作られているようです。上位10位以内は中国メーカーが独占している状況で、日産も中国でのEV販売には苦戦を強いられています。中国では今後ますますEV/PHEVの割合が増えてくることが予想されます。そこに日本の車種も食い込んでいってほしいですね…。

●参考ウェブサイト:
EV-Salesブログ
BYD 公式サイト ニュースリリース(中国語サイト)
康迪(KANDI)社公式サイト
北汽新能源社公式サイト
众泰汽车(Zotye)社公式サイト
ROEWE e550商品ページ
江淮汽车(JAC)社ホームページ
CheryInternational 公式サイト プレスページ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする