2017年謹賀新年

掲載日:2017年1月1日

2017年 明けましておめでとうございます。

旧年中もGoGoEVユーザー様を始め、皆様には大変お世話になりました。お陰様で、電気自動車充電スポット情報クチコミサイト「GoGoEV」は、今年で8年目に入ります。

先日のコラムでも書きましたが、昨年2016年は電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)業界自体において激動の年となりました。

○GoGoEV関連サイト:
-【EV】激動の年、2016年を振り返る!(2016年12月24日)

まず、日産自動車と三菱自動車の資本提携ならびにEV技術の一本化は大きな変化点となりました。もしかすると将来、2016年がEV・PHEV業界を変える潮目になったと記憶されるかも知れません。また、トヨタ自動車がEVを積極的に開発する方向に転じたニュースもありました。
一方で、期待されていたトヨタ自動車の新型プリウスPHVは発売が2017年にずれ込み、これまでEV・PHEVを引っ張ってきた各社から日本市場向けの新型EV・PHEVモデルは発売されなかったため、自動車側の大きな話題はそう多くなかったように思えます。そのため、2016年は多々変化の節目となりつつも、自動車側は仕込みの時期であったと言えそうです。

充電インフラ側では普通充電スタンドを中心に大きく増加しました。2015年末のGoGoEV登録件数は13,635件、うち急速充電器が6,098件、普通充電器9,963件であったのに対し、2016年末は登録件数18,655件、急速充電器6,983件、普通充電器14,339件となり、普通充電スタンドの急速な増加がみられました。皆様のご近所でも、トヨタを始めとするディーラーやショッピングモールなどでも普通充電器が設置されたのを目にしたことと思います。

日本充電サービス(NCS)による充電サービスも本格化し、提携するカード会社も徐々に増えてきました。一方で、熊本地震の際には無料開放されるなど、社会インフラとしての位置づけが徐々に強くなっている面も感じる年でした。このことからも、パブリック充電スタンドの充電マナーについて、様々なコミュニティで議論が活発化したことも、皆様の記憶に新しいことと思います。

翻ってGoGoEVにおきましては、充電マナー問題について貢献したいとの思いからオリジナルマグネットおよび静電接着シートを作り、アンケートにご回答頂いた皆様にお配りいたしました。ただ、まだまだ根本的な解決には程遠く、力不足を実感させられました。


また、GoGoEVとして初めて、スマートフォンアプリをリリースいたしました。まずAndroid端末向けから提供を開始しており、2017年は、iPhone向けもリリースしたいと考えております。

ユーザーの皆様からは、これまでにないほど多くの口コミ投稿、写真投稿、新規充電スタンドの登録依頼、充電スタンド情報の修正依頼、コラムへのコメント、機能改善要望などを頂きました。これら皆様からのご投稿、そしてご依頼を頂く度に、GoGoEVが皆様に支えられていることを実感させられました。この場をお借りし、あらためて感謝申し上げます。

2017年は充電インフラ整備もいよいよひと段落し、いよいよEV・PHEVが本格普及できるかの正念場の年になる可能性があります。とりわけ、トヨタ自動車が満を持して発売するプリウスPHVは、1月1日現在、まだ正式な価格および発売日の発表はありませんが、既に多量の広告が出されトヨタ自動車の本気度が伺えます。つまり、ヒット商品となり、充電スタンドの利用状況を大きく変える可能性も持っています。

このような状況から、仮にEV・PHEVが急激に増加したとしても、これまでのEV・PHEVユーザーと、新たなEV・PHEVユーザーが上手く共存していける充電マナーなどソフト面の対策がますますクローズアップされる一年となるかも知れません。GoGoEVとしてもそのような場合に備え、充電スタンドのマナー向上および課題解決に向けた取組みを進めていきたいと考えています。

本年も皆様からご意見を頂きながら、ユーザーの皆様と一緒にサービスを作り上げていきたいと考えています。2017年もどうぞよろしくお願いいたします。
最後に、今年一年の皆様のご健康とご多幸をGoGoEVスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。

GoGoEV運営事務局スタッフ一同

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする