【充電カード】フォルクスワーゲンより充電カードが登場

掲載日:2018年7月16日

現在、日本市場においてフォルクスワーゲンの電気自動車(EV)およびプラグインハイブリッド車(PHEV)は4車種が販売されています。これらEV・PHEVに、外出先で充電するためにはこれまで、NCSやJTBおでかけカード、また、ファブスコ社が発行する充電カードを利用するか、NCS充電器についてはゲスト料金を支払って利用する必要がありました。

これに対し、今月4日、フォルクスワーゲンジャパンは新たに、フォルクスワーゲン製EV・PHEV向けの充電サービスを開始しました。これにより、フォルクスワーゲンのEV・PHEVユーザーは、「Volkswagen充電カード」を発行し、NCS充電スタンドを利用することができます。なお、e-Golfユーザーに限って、月額5,200円(税抜)を支払えば、NCS充電ネットワーク全てが無料で使い放題サービスとなります。

▲Volkswagen充電カード(出典:フォルクスワーゲンジャパンWEBサイト)

日本国内で販売されているフォルクスワーゲン製のEV・PHEVの写真を以下に示します。e-GolfがEV、GOLF GTEとPassart GTEはいずれもPHEVになります。

▲e-GOLF


▲GOLF GTE(左)とPassart GTE(右)

料金形態は3種類が用意されており、PHEVは「ベーシックプラン(普通充電器用)」のみが選択できます。月額1,400円(税抜)で普通充電器が2.5円/分と、NCS充電カードと同額になっています。

▲Volkswagen充電カードの契約プラン(出典:フォルクスワーゲンジャパンWEBサイト)

また、e-Golfのみが選択できる「ベーシックプラン(普通・急速充電器用)」は、月額3,200円(税抜)と、「NCS充電カード(急速・普通併用)」より月額1,000円お安い設定になりました。なお、時間当たりの充電金額は、NCS充電カードの金額と同額となっています。
なお、プレミアムプラン(普通・急速充電器用)は月額5,200円(税抜)ですが、急速および普通充電器のいずれもが使い放題となっています。
これまで、急速充電器もしくは普通充電器のいずれか一つだけが使い放題というのは、
 ・日産ZESP2使いホーダイプラン
 ・JTBおでかけカード
 ・BMW Charge Now
 ・三菱電動車両サポートプレミアムプラン
 ・トヨタPHV充電サポート定額プラン
などがありましたが、国内では初めて、急速および普通充電器のいずれもが使い放題となっています。日本国内でのe-Golfの販売台数はまだまだ限られていますが、このようなサービスにより、今後増えてくることを期待したいと思います。

●参考ウェブサイト:
-Volkswagen充電カード(フォルクスワーゲンジャパン)
-GoGoEV充電認証カードまとめ(2017.07.15更新)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする