【EVレンタカー】熊本天草地方(苓北町)のEV無料レンタカー社会実験が再開!(2018.3.31まで)

掲載日:2017年6月5日

これまで、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)普及の一環としてレンタカーの格安利用などのキャンペーンがレンタカー会社などでも行われてきました。なかでも、日産レンタカーなどはリーフを24時間、小型車価格で利用できるキャンペーンなどを長らく行っていました。
一方、この1、2年でEV・PHEVも徐々に一般的になって来たため、EV・PHEVのレンタカー環境も変化し、キャンペーンなどによって安く利用できるケースも徐々に少なくなっています。

そのような中、EVを観光活性化の新たなツールとして注目し、活用しようとする動きが検討されています。本日のコラムではそのような動きの一つである、熊本天草地方(苓北町)の取組みをご紹介します。

○GoGoEV関連コラム:
-【EV】離島地域のEV&充電スタンド事情(番外編; 姫島村)(2017年5月29日付)
-【EVレンタカー】熊本天草地方(苓北町)で電気自動車無料貸し出し中!(2017.3.31まで)(2017年1月13日付)
-【EV】レンタカーでEVを選ぶと実はお得??(2015年4月10日付)

熊本県苓北町は熊本市から直線距離で南西に70km、車でおよそ2時間半の、天草下島の北西端に位置する人口7500人の町です。長崎市の茂木港との定期航路が設けられるなど、古くより長崎との関係が強い地でもあります。しかし、実際に訪れる場合、熊本市内からは車で来れますが、長崎からは船で、また、福岡や熊本から飛行機で来た場合、移動手段としてレンタカーなどを借りなければ観光で天草諸島をウロウロと見て回ることは難しい状況であり、さらに苓北町のレンタカー事業者はその数が限られていました。

そこで、
長崎〜<船>〜苓北町〜<レンタカー>〜天草諸島を観光
という流れで人の動きを作り出し、観光の活性化を狙おうとの取り組みが社会実験が昨年11月より今年3月まで行われていましたが、今年度も6月1日より2018年3月末までのスケジュールで社会実験が行われることになりました。


EVレンタカーは長崎(茂木港)から高速船を利用する観光客に限りアンケートへの回答を条件として1泊2日に限り無料で利用することができます。また、自動車は軽自動車(アイミーブ:4人乗り)が1台、普通自動車(リーフ:5人乗り)がそれぞれ1台ずつで、利用日の前日までに苓北町の富岡港(TEL 0969-35-0705)に電話予約し、利用当日に富岡港で手続きをして受け取る流れとなっています。なお、貸出および返却は7時~18時に行う必要があります。


今年3月までに行われた社会実験との違いは、前回は「苓北町物産館」にある急速充電器を無料で充電できましたが、今回の実験から、レンタカーを借りている間の充電費用は利用者負担となっていますので、ご注意ください。

やはり、無料でEVを利用できるというのは大きな魅力です!ぜひ、ご利用になられた方のコメントなど、お待ちしております。
社会実験のパンフレットを掲載しておきますので、ご利用を検討されていらっしゃる方はご参考になさってください。



●参考ウェブサイト:
-富岡港に無料の電気自動車を配備します(熊本県苓北町ウェブサイト)
-電気自動車無料モニター受付中(苓北観光汽船ウェブサイト)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする