【東京モーターショー2017】日野自動車が提案する電動自動車

掲載日:2017年12月18日

東京モーターショーに出展された展示車両が日本各地をまわっています。先月23日(祝・木)から26日(日)には名古屋で、今月8日(金)から11日(月)までは大阪で、先週15日(金)から本日18日(月)は福岡にて地区モーターショーが行われました。今後、2018年1月19日(金)から21日(日)は札幌で、2018年2月10日(土)から12日(月)は仙台で行われる予定です。

GoGoEVコラムでは、それら地区モーターショーでも展示予定である東京モーターショー2017において展示された電動自動車(電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車)を、各社ごとのラップアップしてきました。
これまで12回にわたって、一社ずつ取り上げました。第一回はトヨタ自動車、第二回はHONDA、第三回は日産自動車、第四回は三菱自動車、第五回はダイハツ、第六回はSUZUKI、第七回は独メルセデスベンツおよびSMART、第七回はフォルクスワーゲン、第八回はAUDI、第九回はポルシェ、第十回はBMW、第十一回目はVOLVO、第十二回目はいすゞ自動車ついて見てきました。

本ラップアップも今回を含め残すところ2回を予定しています。前回からはシリーズでトラック、バスなどの大型車メーカーの取り組みについてご紹介しています。今回は、日野自動車を取り上げます。

●GoGoEV関連コラム
-【東京モーターショー2017】コンセプトカーから、東京モーターショー2017を読み解く(2017.11.03付)
-【東京モーターショー2017】トヨタ自動車が提案する電動自動車(2017.11.11付)
-【東京モーターショー2017】HONDAが提案する電動自動車(2017.11.14付)
-【東京モーターショー2017】日産自動車が提案する電動自動車(2017.11.17付)
-【東京モーターショー2017】三菱自動車が提案する電動自動車(2017.11.20付)
-【東京モーターショー2017】ダイハツが提案する電動自動車(2017.11.22付)
-【東京モーターショー2017】SUZUKIが提案する電動自動車(2017.11.24付)
-【東京モーターショー2017】メルセデスベンツ・SMARTが提案する電動自動車(2017.11.27付)
-【東京モーターショー2017】フォルクスワーゲンが提案する電動自動車(2017.12.01付)
-【東京モーターショー2017】AUDIが提案する電動自動車(2017.12.04付)
-【東京モーターショー2017】ポルシェが提案する電動自動車(2017.12.08付)
-【東京モーターショー2017】BMWが提案する電動自動車(2017.12.11付)
-【東京モーターショー2017】VOLVOが提案する電動自動車(2017.12.13付)
-【東京モーターショー2017】いすゞ自動車が提案する電動自動車(2017.12.15付)

日野自動車はトヨタグループでバス・トラック部門を担うトヨタ自動車の連結子会社で、同部門では国内最大手となっています。バスの電動化には早くから取り組んでおり、2013年の東京モーターショーではプラグインハイブリッド中型バス「メルファ」や小型EVバスのコンセプトモデル「ポンチョ・ミニ」をお披露目しました。当時、既に、東京都墨田区や東京都羽村市において実証試験も行われていました。
続く2015年の東京モーターショーでは、電動化コンセプトを水素燃料電池(FC)技術に変更、FCバスを世界初出品しています。

今回の東京モーターショーで展示された電動車としては、2013年頃より実証試験で用いられてきた小型EV「ポンチョ」が展示されました。

日野ポンチョEV


ポンチョEVは30kWhのリチウムイオン電池を搭載した小型バスで、1ルート10kmの運行を行う毎に充電するコンセプトで作られています。現在、東京都墨田区、東京都羽村市、石川県小松市で営業運転が行われています。小松では、小松駅⇔小松空港間などでも走行しており、それら場所にお住まいでなくても、ご利用になられた事がある方もいらっしゃるかもしれません。

▲日野ポンチョEV

また、同社の技術紹介コーナーでは、今後、どのように電動化を進めていくのかの展示も行われていました。日野はまさに全方位技術の開発を進めており、まさにトヨタグループの一角を占める会社だと思わされます。EVについてはバスおよび小型トラック、PHEVについては中型バス、FCVについては大型バスの展開を想定した開発を進めているようです。

▲日野の環境技術

一方、EVバスやFCバスはいずれも実証~一部商用レベルの導入で、多くても1ヶ所数台に留まっています。乗用車などと市場が異なることもあると思いますが、今後、広く導入が進む事も期待したいです。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする