GoGoEVからのお知らせ

GoGoEVからのお知らせや、ユーザーアンケートの結果、各種データの集計レポートを掲載しています。

2020年2月21日

三菱ディーラーに聞く!災害をきっかけに、PHEVを購入検討する人の意識は変わったのか!?

こんにちは。
GoGoEV事務局です。

最近は、日本各地で災害が発生しており、その際に起こる停電も大きな問題となっていますね。

2018年には北海道胆振東部地震で、北海道全域が一時停電となりました。
また、昨年 2019年9月に台風15号の影響で起きた、千葉での大規模な停電が長期化したことは、記憶に新しいですね。

EV・PHEVに乗られている方は、停電時には車の電気を家庭で使うことができる方も多いと思います。
千葉の停電時には、リーフやアウトランダーPHEVが、被災地を回り、各家庭や保育園・介護施設などで電気を供給して役立った、というニュースをよく耳にしました。

これまで電気自動車と言えば、「エコで環境に優しい」というイメージでしたが、最近は「災害時に役立つ」というイメージが強くなってきたように思います。
このような災害を背景に、車の購入・乗り換えを検討される方にとって、EV・PHEV車に求めるものが変わったのでは!?と気になり、実際に車を販売するディーラーの方へお話を伺いにいきました。





今回お話を伺ったのは、GoGoEV事務局スタッフが乗っているアウトランダーPHEVを購入した、東日本三菱自動車販売 鎌倉手広店の 坂口さんです。

アウトランダーPHEVはどんな車?


アウトランダーPHEVは、2013年に販売開始されたSUVタイプのPHEV車。
100V AC電源を標準装備しており、最大出力1500Wの電力が使用可能で、ガソリン満タン時には、一般家庭電力量 最大約10日分をまかなえます。

アウトランダーPHEV SPECIAL SITE

アウトランダーPHEVは、従来の車の価値「人・モノを運ぶ時の価値」から、電気を供給することにより「車が停まっている時の価値」という新しい車の価値を見出しています。

アウトランダーPHEVの購入層に変化はあった?


ここからは、東日本三菱自動車販売 鎌倉手広店の 坂口さんにお話を伺います。

こんにちは。GoGoEV事務局スタッフ です。
坂口さん、本日はよろしくお願いいたします。


こんにちは。東日本三菱自動車販売 鎌倉手広店の 坂口です。
本日は、よろしくお願いいたします。


早速ですが、どのような方がアウトランダーPHEVを購入されますか?


アウトランダーPHEVを検討される方は、走行面からのコストパフォーマンスを重視される方はもちろん、アウトドア好きの方など、SUVを探している方も多いですね。


SUVを探されている方が候補に入れることも多いのですか。「PHEV」というシステムについては、どうでしょう?


発売当初は「ハイブリッド車」はあるものの「プラグインハイブリッド車」はあまりなかったため、新しいシステムに興味を持たれた方も多かったです。ハイブリッドより、さらにエコな車への関心も高かったですね。


やはりエコへの関心は高いのですね。これまでEV・PHEVは「エコ」や「燃費の良さ」を強調していたように思うのですが、最近は各社「災害に強い」という点も加わったように感じます。昨年の千葉の大規模停電後など、アウトランダーPHEVの購入者に「災害対策」としての意識は高まりましたか?


地域の差もあると思うのですが、ここ鎌倉手広店では、被災地と離れているためか、購入者の方の意識に変化は見られませんでした。


意外です!昨年の台風では、鎌倉市内でも大きな被害を受けた地域があったため、もっと車を「災害対策」として考えられる方が増えているかと思いました。


ただ、すでにアウトランダーPHEVに乗られている方からの、V2H機器への問合せは増えましたよ。


すでにPHEVに乗られている方の災害時の意識は、より高まったということですね。せっかくなら、日頃乗っているPHEVを最大限に有効活用したいですよね。



千葉の大規模停電後、PHEV購入層の意識に変化は見られなかったが、PHEV既存ユーザーからのV2H機器への興味は高まった。


昨秋の電気自動車関連のイベントに訪れた際、各社EV・PHEVが「災害時に役立つ車」ということを全面に押し出した展示をしていました。私はその展示を見て、一般ドライバーの車選びの意識も変わったはず!と思いましたが、広い目で見ると、一般の方が車を選ぶ際にまで、「災害時に役立つ車」という視点は、まだあまり浸透していない、ということが分かりました。

被災地では意識が違うかもしれませんが、やはり被災地より離れている地域では、車を選ぶ際に「災害時に役立つ」という視点を持つことは難しいように感じました。

充電認証カードに変更予定は!?


せっかく三菱ディーラーの方に、お話を伺える機会!他にも気になる充電認証カードについて聞いてきました。

ここからは、充電認証カードについてズバリ聞きます!
日産が充電認証カードのシステムを変更しましたが、三菱でも充電認証カードのシステムが変わる予定はありますか?


充電カードのシステムについては、現時点では変更の話は出ていませんね。


直近の変更はなさそう、とのこと。アウトランダーPHEVユーザーの方は、ひとまず安心ですね。
最近、輸入車など新しいPHEVが増えてきましたが、アウトランダー以外の三菱の新しいPHEV発売にも今後期待したくなります☆


ありがとうございます。まずは人気のアウトランダーPHEVをお楽しみください。まだ乗られたことのない方は、ぜひ試乗にもお越しください!



今回お話を伺った東日本三菱自動車販売 鎌倉手広店は、試乗車も充実しています。GoGoEVスタッフがアウトランダーPHEVを購入する前は、もちろん試乗も行いましたよ!

鎌倉手広店 展示車・試乗車

購入後も点検などで訪れると、いつも明るく出迎えてくれる 東日本三菱自動車販売 鎌倉手広店のスタッフの方たち。キッズスペースも充実しており、ショールームやお手洗いはいつもキレイで、細かい気遣いが感じられるお店です。



鎌倉手広店で人気がある車について聞いてみたところ、一番の人気車は DELICA。続いて、軽自動車の需要も高いそうです。東京では、軽自動車の需要は少なく、アウトランダーPHEVの人気が高いそうですが、鎌倉は狭い道が多く、高齢者も多いという点から、軽自動車の需要も多いそうです。

お近くの方は、ぜひお立ち寄りいただき、アウトランダーPHEVをはじめ、色々な車のご相談をしてみてくださいね!


今回は、車を買う方と一番近い距離にいるディーラーの方に、車を選ぶ際にEV・PHEV車に求めるものが変わったか?という視点でお話を伺いました。
私が当初想定していた回答とは違い(汗)、「災害時に役立つ」や「車が停まっている時の価値」などは、まだまだ浸透過程のようです。

すでにEV・PHEVに乗られているGoGoEVメンバーの皆さんは、災害時に備えてV2H機器の導入を検討するなど、「車が停まっている時の価値」を最大限に活かすのが良さそうですね!
コメント投稿

コメントをするにはログインまたはユーザー登録が必要です

コメント一覧
この記事にはまだコメントが投稿されていません