GoGoEVからのお知らせ

GoGoEVからのお知らせや、ユーザーアンケートの結果、各種データの集計レポートを掲載しています。

2019年12月16日

ZESP3加入受付開始!大幅改定についてリーフユーザーのTwitterでの反応は!?

12月初旬、日産自動車から充電サービス「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3」(以下、ZESP3)が発表され、いよいよ本日12月16日から加入受付が開始されます。

これまでの、ZESP2「使いホーダイプラン」は、月額2,000円(税抜)で日産自動車とNCSが提供する急速充電器を、無料で使い放題となるお得な充電サービスでした。自宅での充電がメインの方向けには「つど課金プラン」があり、月額1,000円(税抜)で、急速充電器を利用する場合は、15円/分で充電可能となっていました。

ZESP2




今回、新たに加入受付が始まったZESP3では、ZESP2にあった急速充電器を無制限で利用できるプランがなくなり、10分単位での課金制へと変わりました。

また、「プレミアム」のプランについては、無料充電が含まれているものの月額基本料金4,000円~と、ZESP2と比較すると大幅な値上がりとなりました。(3年定期契約で、1,500円/月の割引が適用されます。)

ZESP3





この変更について、EVオーナー特に日産リーフユーザーの反応はどうでしょう?
Twitterに投稿されている反応を見ていきましょう。

ZESP3の心配点は?



マンションに住んでいる方や、自宅に充電設備がない方にとっては、外での充電が必須となります。
急速充電を利用した場合、充電時間に応じて料金がかかるZESP3では、ランニングコストが上がってしまいそうですね。


無料充電分が1ヶ月しか繰越しできない点を、心配をされている方もいるようです。
長期休暇時など遠出する場合は、充電時間が増えて料金が上がってしまうのに対し、それ以外の月末は無料充電分は消化しないと損!とばかりに急速充電スタンド利用者が急増することを懸念されています。

一昔前なら、携帯電話の無料通話分の心配。今なら、スマホのデータ通信料の心配をするのと同じような状況におかれますね。

確かに、月末が近づくと、安心してwifiが繋がらないところでも、動画を見出す...という状況と同じことが想定されそうです。スマホのデータについてなら他のユーザーに迷惑がかかりませんが、充電スタンドの場合は本当に利用したい方が待たなければならない、という状況が発生することを心配されているようですね。

ZESP3に納得された方は?


ZESP3の急速充電使いたい放題の廃止や基本料金の値上がりにより、不満の方ばかりかと思われましたが、納得されている方もいるようです。




ZESP3 プレミアムなら、ZESP2では1.5円/分かかっていた普通充電の料金が、無料となります。この点に着目して、新プランに期待される方もいるようです。
ただ、すでに普通充電器については、無料プランがある三菱やトヨタなどの充電サービスがあります。現在でも、人気のショッピングモールなどの週末は、普通充電器が全機利用されていることも少なくないですが、今後さらに普通充電器の利用率が上がって来ることが考えられますね。

日産自動車の見解は?


日産自動車公式のTwitterアカウント「日産自動車(EV専用)」では、ZESP3発表後に下記のようなツイートがありました。



「急速充電は1台につき30分充電できるのだから、30分フルで充電しよう!」という考えではなく、10分単位の課金によって、必要な分のみを充電するように心がけるように意識してほしいそうです。

この意見に関しては、GoGoEVが行ったアンケートでも、同様の回答をいただきましたね。

急速充電器では、必要な充電量が確保されれば制限時間前でも充電を切り上げ、他の方に譲ることを心がけています。「充電器は公共のもの」を心がけています。 (melita3さん)



充電スタンド利用時のトラブル体験!あなたが気を付けていることは!?- アンケート結果発表第3弾! - より

急速充電器に関しては、必要な車が必要な量だけ充電することにより、高速道路のサービスエリアなどを中心に起こっている充電渋滞を解消できるといいですね。

また、ユーザーの方からの質問についても回答しています。


ZESP3は、日産ユーザーの方以外も加入できるようです。また、1契約につき、複数台のEVで利用することも可能で、追加カードも有料で作成可能となるそうです。

以上、ZESP3加入受付開始に合わせて、Twitterでの反応をまとめてみました。

ZESP2の契約期間が残っている方は、もちろん契約期間内(最長5年)は、ZESP2の契約内容で充電スタンドが利用できます。そのため、いきなり急速充電器が空き始めるということは考えられませんが、今後徐々に充電スタンド利用の流れが変わっていくことが考えられます。

今後の日産の動向やリーフの売れ行き、他社の充電サービスに変更はないか、などEV・PHEVを取り巻く状況などにも注目ですね!


☆ 充電認証カードまとめ については、こちら!
各社の充電認証カードをまとめた一覧をはじめ、会社毎の充電サービスプランも一覧表でご確認いただけます。

充電認証カードまとめ(2019年12月4日更新)

☆ GoGoEVフォーラムは、こちら!
新テーマは、充電スタンド利用時のトラブルについて!皆さんの体験談や解決策について一緒に話そう。

もはや避けては通れない!? 充電スタンド利用時のトラブル!みんなで解決策を考えよう!
コメント投稿

コメントをするにはログインまたはユーザー登録が必要です

コメント一覧

2020/1/21 01:52

ゼスプ3は本当に改悪でしかありませんね。時間で課金ではなく、充電量で課金する事は出来なかったのか?と思います。
各地の充電スポットにある充電器の出力は、20kwの低出力のタイプ~90kwの高出力のタイプまで、その差は4.5倍です。
リーフで平均電費は1kwh当たり7~10km。
運悪く20kwの充電器しか近隣に無かった場合、気候が良く、充電効率が最高だったとして、10分で3.3kwh、30km程度走れます。氷点下だった場合は、恐らく半分以下。エアコン付けて車内で充電待ちをするなら、1kwh貯まるかどうか?7km程度走れますかね?と言ったところです。10分400円だとして、50km先の次の充電スポットへ行くのに、70分2,800円必要です。
これが今ある最高出力90kwhだと時間も費用も段違い。そもそも日産のお店にある充電器ですら、そのほとんどが44kwの出力です。ある意味、使い放題だから成り立っていたリーフで旅行。どないせぇって?

Maasan

2020/1/10 11:03

ZESP2利用中です。あと3年半ほどこのまま使えると言うことなので、その後を今から心配してもしょうがないですが、ZESP3は普通に客観的に見て、現時点で一番高い部類の料金設定になってしまってます。
日産社内でZESP2とZESP3のギャップの大きさをどのような議論を経て許容したのか知りたいですね。

c622angel

2019/12/31 23:45

日産は、一般人が車を買う事を軽視している。少なくとも5~10年、維持費も含めて相当な負担を考えて購入を検討してる。ほとんど予告もなく、簡単にプランの大幅変更してしまう事は、如何なものか?

kiyoc660

2019/12/17 23:23

もう一つ、10分単位の課金って、急速充電器の効率的な運用の阻害要因になるんじゃないかと危惧します。

例えば10分間だけ充電しようと思ってたのに、充電を止めるのが少し遅れてしまった時、すぐ止めて11分間分の料金払うのには抵抗はないですが、20分間分払うのに抵抗ないですか?

じゃあって、20分間近くまで充電する人が一定数出るはずです。充電をやめたい時にやめられるようにするには、本来は1分単位の課金の方が向いています。

evcoop

2019/12/17 23:12

今まで日産ディーラーの急速充電器は、1回(30分まで)500円(税別)のビジター料金が設定されてました。

ZESP3になると、会員よりビジター料金の方が安くなっちゃうので、ビジター料金も値上げだろうな、と予感していましたが、ついに一部の地域で1回1500円(税別)に値上げされましたね。

いずれ、全国この値段になるんでしょう。ZESP3に日産車以外のオーナーも入れるなら、シンプルプランは考えてもいいかな。

evcoop