【Amazonギフトカードが当たる!】EV充電サービスに関するアンケート 回答募集中!

EV充電関連ニュース&お知らせ

2024年4月24日

名古屋市・瑞穂LOOP-PFI・ユアスタンド「名古屋市・瑞穂運動場にて電気自動車用充電設備設置モデル事業」を実施

名古屋市(市長:河村たかし)と、名古屋市瑞穂公園陸上競技場整備等事業の民間事業者である株式会社瑞穂LOOP-PFI(名古屋市)および、ユアスタンド株式会社(横浜市 以下、ユアスタンド)は4月23日、「瑞穂運動場充電設備設置のモデル事業における協定」を締結したことを発表しました。




名古屋市では、大気環境改善・温室効果ガス排出削減に向けて、電気自動車等ゼロエミッション車の普及を進めており、瑞穂運動場(パロマ瑞穂スポーツパーク)における公共施設への普通充電設備設置に向けたモデル事業を先般募集し、このたびユアスタンドが事業者に選定されました。


ユアスタンドは本モデル事業を通じて、市民サービスの一層の向上と脱炭素社会の実現に貢献していくとしています。



協定の内容

■ 目的

市内の電気自動車・プラグインハイブリッド自動車の普及促進を図るために、瑞穂運動場において充電設備設置モデル事業を行い、公共施設への充電設備設置普及についての課題や解決方法の整理を行う


■ 連携事項

瑞穂運動場への充電設備設置モデル事業に関すること


■ 期間

設置した充電設備の運用開始(充電サービス開始)から8年間



モデル事業の概要

・瑞穂運動場(パロマ瑞穂スポーツパーク)駐車場に、来場者が利用可能な普通充電設備(6kW)を設置


・充電設備の設置は、令和6年度から令和8年度の3年間で行い、設置後、順次充電サービスの提供を開始

令和6年度は、第1駐車場に充電設備を2~4口設置し、秋頃からサービスの提供を開始予定(国の補助金の交付決定状況により計画変更あり)


・市民の方への充電サービス提供から8年間運用し、利用状況等について市へデータを提供し、公共施設における適切な運用方法の検討に活用いただく



<導入イメージ>

この度、提供されるEV充電サービスは、QRコード決済を予定されています。

専用のEV充電カード発行やアプリ登録の手間なく、QR決済を通じて普段お使いのクレジットカードやPAY払いが可能で、利便性も高いサービスとなります。

このQRコード決済での方法は、愛・地球博記念公園/モリコロパーク駐車場(GoGoEV:愛・地球博記念公園 (北1P) )でも導入・運用されています。





モリテックスチール製 EV・PHEV用 壁掛型6kW普通充電器



Yourstandについて





Yourstandは、『移動をもっとクリーンに』をミッションに、マンション・集合住宅などの基礎充電を中心に充電設備を設置・運用している会社です。

目的地充電向けには、アプリ登録やカード発行不要・お手持ちのQR決済などでだれでも即時利用可能なサービスを提供しています。施設毎に3kW、6kWそれぞれの出力に応じた料金が設定されており、PayPay、LINE Pay、au PAY、d払い、クレジットカードなど多様な決済方法に対応。充電器に貼り付けてあるQRコードを読み取ることで専用の決済画面へ移行し、かんたんに充電を開始することができます。


Yourstand WEBサイト:https://yourstand-ev.com/



詳しくはこちら

「名古屋市・瑞穂運動場(パロマ瑞穂スポーツパーク)にて、電気自動車用充電設備設置モデル事業」を実施



※ユアスタンド株式会社は、GoGoEVのPRパートナーです。
コメント投稿

コメントをするにはログインまたはユーザー登録が必要です

コメント一覧

2024/4/24 13:33

瑞穂運動場(パロマ瑞穂スポーツパーク)は、子供から大人まで参加できる様々なスポーツ教室や試合、イベントなどが行われている施設で、周辺には散策路や遊具のある公園なども集まる場所のようです。現在、2026年に開催される「アジア、アジアパラ競技大会」にむけてリニューアル中。充電利用の需要も高まりそうなので、サービス開始が待ち遠しいですね。

GoGoEV事務局