福岡大学Breakthroughプロジェクト・EV九州旅行2日目(熊本~阿蘇)

掲載日:2013年11月2日

GoGoEVは2013年6月より、福岡大学(福岡県福岡市)が実施するBreakthroughプロジェクトに協賛しています。Breakthroughプロジェクトとは、福岡大学経済学部で実施されていた「ベンチャー企業論」という講義を発端として始まったプロジェクトで、企業や社会が抱える問題点を大学生が現場のインターンシップをしながら解決することを目指すもので、今年で3年目になります。



●福岡大学BreakthroughプロジェクトWebサイト:
http://asia-bpc.com/

GoGoEVでは、電気自動車普及を阻害する課題について、大学生と一緒にその原因を探り、解決を目指す取り組みを行っています。

今回、その第2弾として大学生メンバーが2013/8/26~28の3日間、福岡から九州の観光スポット阿蘇&大分を回るEV旅行を行いましたので、その内容を全3回に分けてレポートしたいと思います。

本日は2日目、熊本市~阿蘇をレポートします。



2日目はあまり移動をすることなく、EVで阿蘇の大自然を思いっきり満喫することにしました。本日最初の目的地は阿蘇の「カドリー・ドミニオン」という動物園アミューズメントパークです。

●出発
09:00 ドーミーイン熊本(熊本市中央区) 

目的地までの道のりはこの写真のような風景が続きます。今日はラッキーな事に快晴!排気ガスゼロのEVで思いっきりドライブを楽しめます。


●目的地1ヶ所目
10:30 カドリー・ドミニオン(熊本県阿蘇市)
阿蘇観光の1ヶ所目は動物アミューズメントパーク「カドリー・ドミニオン」です。ここで、動物たちと触れ合い、また、お昼ご飯を食べてメンバー全員でワイワイと楽しみます。

●充電1回目(前回充電からの走行距離45km)
14:50 日産プリンス熊本販売 阿蘇店(熊本県阿蘇市) 【急速充電器】

この日お店が定休日だったのでディーラ店舗内で待つことはできませんでした。そこで、急速充電中にどのように時間を過ごすか悩みました。周りには休憩できる場所はもちろん、自動販売機もありません。車が通らなければ、本当に何もない場所です。

幸いこちらの店舗では比較的広いスペースがあったため、メンバーでシャボン玉などを使って遊び、時間をつぶしました。今回のEV旅行は複数で行ったので楽しく過ごせたのですが、お一人で充電されるEVユーザーさんはどのように過ごされているのかと、少し疑問に思いました。何とか充電待ち時間を有効に使える方法があれば良いのですが。

こちらの充電スタンドではおよそ30分滞在し、80%まで充電しました。



充電も完了したところで、次の目的地に向かいます!

●目的地2ヶ所目
15:45 阿蘇ファームランド(熊本県南阿蘇村)
阿蘇観光の2ヶ所目は阿蘇ファームランドです。ここでは色々な観光施設があり、買い物をしたり、見学したりしました。

およそ1時間少し、阿蘇ファームランドに滞在し、次の目的に向かって出発です。

●目的地3ヶ所目
17:20 草千里(熊本県阿蘇市)
阿蘇の有名な観光地の一つ、草千里に到着です。草千里までの道のりは上り坂、やはり充電の減り方が大きく少しヒヤヒヤしながら走行しました。しかし、お昼すぎに充電していたため電池容量が半分程度残りました。


およそ1時間半、草千里を満喫した後は、今日宿泊するホテルに向かいます。ここからは下り道。リーフの走行可能距離もぐんぐん伸びていきます。夕方の涼しい空気の中を電気自動車のなめらかな走りと静けさで進みます。草千里からの下り道は本当に気持ちの良いものでした。

●到着&充電2回目(前回充電からの走行距離42km)
19:40 ホテル角萬(熊本県阿蘇市) 【急速充電器】

本日は充電スタンドがあるホテルに宿泊します。ホテルには200Vのコンセントが設置してありましたがホテル入口付近の雑草の中にぽつんと置かれ、目印も無く、見つけるのに少し手間取りました。しかし、従業員さんが親切に教えて下さり、リーフ付属のケーブルを使って充電します。

このように、ホテルにEV充電設備があると、EVで旅行をする人には本当に助かります!




EV九州旅行2日目は熊本市より阿蘇観光をしながら阿蘇のホテルまで、総走行距離約87km、充電回数1回(到着地での普通充電1回を含まない)、移動時間10時間半の旅になりました。
当初、阿蘇では山道が多く、急速の充電スポットも少ないため入念な下調べが必要だと想定していましたが、途中充電1回で十分安心して走行できることがわかり、とても楽しめました。

なお、充電したスポットは下図の通りです。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする