【EV中古車】中古EVの価格調査(2016年10月2日調査)

掲載日:2016年10月3日

GoGoEVでは定期的に電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)の中古車価格を調査しています。前回、前々回は今年6月末および4月初頭に調査を実施しました。前回調査よりおよそ3ヵ月となりましたので、今回、中古車価格調査を行いました。

これまで同様、調査に用いるウェブサイトは、大手中古車検索サイトである、カーセンサー(http://www.carsensor.net/)とGoo-net(http://www.goo-net.com/)で、掲載台数が多い順で並べました。
なお、カーセンサーおよびGoo-netの両方に同じ自動車が掲載されている場合もありますので、両方の合算が中古車市場の全体数とはなりませんのでご注意ください。

●日産・LEAF
この3ヶ月でLEAFの価格はさらに下がりました。遂に、車体価格の最低価格は50万円を割り込むところまで来ました。価格が下がった事に伴い在庫台数も減少傾向にあるようです。中古車のLEAFは随分とお手頃になってきたと言えそうです。
・新車定価:204.0万円〜(補助金交付後、税抜き)
カーセンサー(掲載数:754台):49.9万円〜357.0万円(車両本体価格のみ)、平均162.3万円(5.4万円下落)
Goo-net(掲載数:796台):54.0万円〜327.0万円(車両本体価格のみ)、平均137.9万円(14.6万円下落)



●三菱・アウトランダーPHEV
アウトランダーPHEVについてもLEAFと同様、中古車在庫台数は減少傾向が続いています。それを反映してか平均価格は上昇傾向です。三菱自動車の不祥事もありましたが、それでもなお人気があることが伺えます。
・新車:286.5万円〜(補助金交付後、税抜き)
カーセンサー(掲載数:362台):165.0万円~438.0万円(車両本体価格のみ)、平均302.1万円(11.2万円上昇)
Goo-net(掲載数:340台):165.0万円~438.0万円(車両本体価格のみ)、平均242.8万円(2.4万円上昇)


●トヨタ・プリウスPHV
旧型プリウスPHVの価格は3ヶ月前に比べ、5%程度の下落です。それに伴い、中古車在庫台数も減少しています。新型プリウスPHVの発売がこの冬になったことも少なからず影響しているのでしょうか。LEAF同様、随分とお手頃価格になったと感じます。
・新車定価:241.4万円〜(補助金交付後、税抜き)
カーセンサー(掲載数:199台):118.0万円〜278.0万円(車両本体価格のみ)、平均180.5万円(8.7万円下落)
Goo-net(掲載数:204台):119.0万円〜335.0万円(車両本体価格のみ)、平均190.3万円(10.4万円下落)


●三菱・アイ・ミーブ
3ヶ月前と比較しても、価格および在庫台数に大きな変化は見られません。ただ、在庫の変動はある模様で、実際にはある程度、物の動きはあるようです。
・新車定価:160.4万円〜(補助金交付後、税抜き)
カーセンサー(掲載数:153台):54.8万円〜129.9万円(車両本体価格のみ)、平均91.0万円(2.8万円下落)
Goo-net(掲載数:128台):55.8万円〜158.0万円(車両本体価格のみ)、平均96.1万円(14.2万円下落)


●三菱・ミニキャブ・ミーブCD
ミニキャブ・ミーブのバンタイプの在庫台数は、3ヶ月前に比べて大きく減少しています。Goo-netに掲載されている台数は3ヶ月前が50台であったのに対し、10月頭時点では21台と半分以下となりました。新規生産台数が減少する中、中古車中心の取引となっているのかも知れません。
・新車:144.9万円〜(補助金交付後、税抜き)
カーセンサー(掲載数:34台):69.8万円~162.0万円(車両本体価格のみ)、平均101.3万円(3.8万円下落)
Goo-net(掲載数:21台):68.0万円〜129.0万円(車両本体価格のみ)、平均-万円

●BMW・i3
BMW i3はこの半年で平均価格は45万円以上下落しています。在庫台数もそれほど多くない事から、価格調整期間となってるのかも知れません。中古車での購入をご検討の場合は、もう少し待つか、もしくは、価格交渉の余地がまだ残っている状況と言えるかも知れません。
・新車:422.0万円〜(補助金交付後、税抜き)
カーセンサー(掲載数:26台):318.0万円~388.0万円(車両本体価格のみ)、平均335.6万円(24.3万円下落)
Goo-net(掲載数:22台):285.0万円~388.0万円(車両本体価格のみ)、平均-万円

●BMW・i8
BMW i3と同様、前回調査より価格が低下しています。カーセンサーの平均価格で約82万円、前々回の半年前に比べて200万円以上の値下がりとなりました。最終的な取引価格がどの程度に落ち着くか、まだ見通しがわからない状況ですね。
・新車:1690.0万円〜(補助金交付後、税抜き)
カーセンサー(掲載数:26台):1350.0万円~1970.0万円(車両本体価格のみ)、平均1626.3万円(81.8万円下落)
Goo-net(掲載数:20台):1399.0万円~1898.0万円(車両本体価格のみ)、平均-万円


●三菱・ミニキャブ・ミーブ・トラック
ミニキャブ・ミーブトラックは本年3月末で生産終了となっており、特にGoo-netでの在庫台数減少が印象的でした。価格は前回と大幅には変わらず、若干の変動となっています。
・新車:135.3万円〜(補助金交付後、税抜き)
カーセンサー(掲載数:29台):59.0万円~129.0万円(車両本体価格のみ)、平均96.7万円(4.7万円下落)
Goo-net(掲載数:8台):59.0万円~107.8万円(車両本体価格のみ)、平均-万円

●スマート・フォーツーエレクトリックドライブ
前回調査と比較して、在庫台数、価格ともに大きな変化が見られませんでした。100万円台でスマートが買えるという点はお手ごろ感があり、価格の低いものは在庫の動きが見られます。外車EVを狙っている方にはお薦めと言えるのではないでしょうか。
・新車:242.8万円〜(補助金交付後、税抜き)
カーセンサー(掲載数:22台):105.0万円~399.0万円(車両本体価格のみ)、平均122.9万円(0.7万円上昇)
Goo-net(掲載数:20台):105.0万円~399.0万円(車両本体価格のみ)、平均-万円

●テスラ・モデルS
モデルSは3ヶ月前とほとんど変わらずという状況です。ほとんどの車が中古車販売価格でも1000万円前後であり、高値の華といったところです。
・新車:677.0万円~
カーセンサー(掲載数:11台):785.0万円~1850.0万円(車両本体価格のみ)、平均-万円
Goo-net(掲載数:7台):828.9万円~1850.0万円(車両本体価格のみ)

●テスラ・ロードスター
前回同様、ほぼ在庫台数、価格において変化はありません。全世界で650台の販売台数であり、日本にも数えるほどしか入ってきていない自動車です。将来のビンテージ価値を期待して所有するには、決して安いとは言えない価格ですね。
・新車:-万円
カーセンサー(掲載数:7台):438.8万円~780.0万円(車両本体価格のみ)、平均-万円
Goo-net(掲載数:4台):455.0万円~648.8万円(車両本体価格のみ)、平均-万円

以上、2016年度3回目の調査を行いました。日産LEAFやトヨタプリウスPHVの価格低下ならびに在庫台数の減少が印象的でした。また、三菱アウトランダーPHEVは、三菱自動車の不祥事の影響をそれほど大きく受けていないと言えることがわかりました。

また、海外メーカー製EV/PHEVについては、BMWのi3ならびにi8はいずれも市場価格が調整されているフェーズと見られる一方で、smart for two Electric driveはお手頃価格となってきました。テスラについてはやはり「高級車ブランド」に位置しており、簡単に手が出せそうにもなさそうです。

引き続きEV/PHEVの中古車市場の動きをウォッチしていきたいと思います。

○GoGoEV関連コラム:
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2016年6月30日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2016年4月8日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2015年12月27日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2015年6月22日調査)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする